試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月11日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784047368903

苦楽外

  • 著者 宮澤 ひしを
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年01月11日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784047368903

山本直樹、推薦。「シームレスな現実-幻想-回想を自由回遊する快楽。」

バスで寝過ごした男が辿りついたのは、海辺の田舎町。
来たことがないはずなのに、男はその町に奇妙な既視感を覚える。
帰りのバスもなく、町に留まらざるを得なくなったが、不思議な子供・カズキとの出会いを機に、男は旅することになる。隠された己の記憶を。

幻想の世界へと迷い込む、牧歌的かつ危険なファンタジー。

19Pの描き下ろし短篇も収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「苦楽外」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 青いだけの空を見上げて、ぼくはどこかに行ってしまいたくなる、それはどこでもないどこかであった、あんなに自由に見える雲もやがて雨になって蒸発して雲になる、\どこか\はどこにもないのだ。青いだけの海を眺め 青いだけの空を見上げて、ぼくはどこかに行ってしまいたくなる、それはどこでもないどこかであった、あんなに自由に見える雲もやがて雨になって蒸発して雲になる、\どこか\はどこにもないのだ。青いだけの海を眺めて、おれはどこから来たのだろうと考える、それはどこでもないどこかであった、昨日産まれたばかりで二十数年の記憶をインストールされただけのハードウェアかもしれない、それは誰にもわからない、\どこか\はどこにもないのだ。ぼくが食べたら排泄する、おれが放ったら産まれる、わたしたちの解脱という受胎の連鎖は、泡のようだ、 …続きを読む
    ちぇけら
    2022年05月29日
    16人がナイス!しています
  • 岩原裕二に近い絵柄で、絵は綺麗。話としては短編1本で足りるような内容を1冊分使ったって感じで間延びしてるかな。 岩原裕二に近い絵柄で、絵は綺麗。話としては短編1本で足りるような内容を1冊分使ったって感じで間延びしてるかな。
    コリエル
    2022年01月20日
    3人がナイス!しています
  • 読み終わって、ようやく帯にあった「シームレスな現実ー幻想ー回想を自由回遊する快楽。」の意味が分かった。隠された記憶を探り当てる、というと大して珍しさを感じはしないけど、海辺の田舎町という前提に対して懐 読み終わって、ようやく帯にあった「シームレスな現実ー幻想ー回想を自由回遊する快楽。」の意味が分かった。隠された記憶を探り当てる、というと大して珍しさを感じはしないけど、海辺の田舎町という前提に対して懐疑的になってみないと、この作品の階層構造は理解できないのかもしれない。なんて話している私も完全には理解できてはいませんが…。”苦楽外”が海を連想させる「水母」でありながら、「苦と楽の外にある原風景」にかかっているのも面白いと思います。描きおろしの短編も、AIの持つ文化的側面について扱っており、いい感じに危険。 …続きを読む
    s_s
    2022年03月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品