試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月28日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784046807540

泣きたい夜の甘味処

  • 著者 中山 有香里
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年01月28日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784046807540

真夜中だけ営業している甘味処の物語。描き下ろし52Pと11のレシピつき

「何度読んでも泣けてくる。胃の中から手当てされるような、甘味の力が詰まってる。」(漫画家・末次由紀)


とある町に、ひっそりとたたずむ一軒の甘味処。熊と鮭が営むこのお店は、夜だけしか営業していません。
提供するのは温かいお茶と、甘いもの一品だけ。今夜も、疲れて泣きたい人々がこの店に迷い込みます。

夢をあきらめた夜、
愛する人を想う夜、
自分のことが嫌いになった夜。
―そんな夜は、この店で涙を流してもいいんだよ。

主人公たちが知らない、もうひとつの視点から綴った描き下ろし52Pに加え、11のお菓子レシピがついています。

もくじ
・疲れ果てたビジネスマンと昔ながらのドーナツ
・会社を辞めたOLさんといちご大福
・落ち込んだ新人さんが干し柿を拾う話
・夫を亡くした奥さんと梅酒ゼリー
・私だけのパフェ
・ギャルとばあちゃんとマフィン
・がっちゃんのココアクッキー
・心配性なお母さんとバナナケーキ
・緑のライオンと栗きんとんのパイ
・3人の青春とプリン
・夕暮れのチーズケーキ

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

・疲れ果てたビジネスマンと昔ながらのドーナツ
・会社を辞めたOLさんといちご大福
・落ち込んだ新人さんが干し柿を拾う話
・夫を亡くした奥さんと梅酒ゼリー
・私だけのパフェ
・ギャルとばあちゃんとマフィン
・がっちゃんのココアクッキー
・心配性なお母さんとバナナケーキ
・緑のライオンと栗きんとんのパイ
・3人の青春とプリン
・夕暮れのチーズケーキ

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

泣きたい夜の甘味処PV【コミックエッセイ】

「泣きたい夜の甘味処」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 夜だけ、一品だけの甘いものを客に出す店。営んでいるのは熊と鮭。このシュールさに違和感を全く感じなくなるほど優しい話だった。小さな身体いっぱいに溜まったやりきれなさを抱え店に吸い寄せられる人々。映えるこ 夜だけ、一品だけの甘いものを客に出す店。営んでいるのは熊と鮭。このシュールさに違和感を全く感じなくなるほど優しい話だった。小さな身体いっぱいに溜まったやりきれなさを抱え店に吸い寄せられる人々。映えることも、いいねを貰えることもない日常にこそ共鳴する。主人公を替えたアナザーストーリーが一話ずつに付くのがまた良い。泣きたくなる人の前には、同じく思いを抱えている人がいる。作者は現役の看護師さんとのこと。どちらの仕事でも人を救っていることに敬意を表したい。 …続きを読む
    しいたけ
    2022年03月11日
    97人がナイス!しています
  • ほんのちょっとしたお話なのにじわっと涙をさそう。鮭と熊がやっているお店。これが鮭かと思わずツッコミたくなるが、その人に最適なデザートを出してくれる。店主はデザートについて話しているのに自分に置き換えて ほんのちょっとしたお話なのにじわっと涙をさそう。鮭と熊がやっているお店。これが鮭かと思わずツッコミたくなるが、その人に最適なデザートを出してくれる。店主はデザートについて話しているのに自分に置き換えて言われているような、 胸にぐっとくるお言葉たち。 スイーツのイラストはテンションが上がりますね。レシピも載っているから嬉しい。 立て続けに出てきたデザートが苦手なものだったので苦笑いでしたが、食べれるスイーツはどれも美味しそう。 いつかこのレシピでデザートを作ろうかな。 …続きを読む
    ガチャ
    2022年06月20日
    89人がナイス!しています
  • 良かったです。心温まるストーリーの連作短編漫画。真夜中だけ営業している甘味処。さりげなく出される甘いものが、日々の生活の中で疲れたお客たちの心を癒します。1つ1つの物語は短いけれど、後から別の人の話に 良かったです。心温まるストーリーの連作短編漫画。真夜中だけ営業している甘味処。さりげなく出される甘いものが、日々の生活の中で疲れたお客たちの心を癒します。1つ1つの物語は短いけれど、後から別の人の話に繋がっていたりして、物語に奥行きが感じられますね。作者は看護師さんということで、重いテーマのものも多い。どの話も良かったけれど、ばあちゃんのマフィンのエピソードが特に好み。 …続きを読む
    はる
    2022年05月21日
    88人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品