祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。【電子特典付き】

祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。【電子特典付き】 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年06月25日
商品形態:
電子書籍

祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。【電子特典付き】

  • 著者 品森 晶
  • イラスト みすみ
発売日:
2021年06月25日
商品形態:
電子書籍

失われた英雄の呼び名を、この世界はまだ知らない。

世界を滅ぼす邪神の眷属への対抗手段である“遺物”。
それを扱う才能を持たぬ【亜人】を純血人類たる【貴族】が従属させ、確固たる身分制度が敷かれた時代。
そんな千年後の世界に蘇った英雄・セロトは、人類の衰退ぶりに愕然としつつも、とある問題の解決のため、貴族の身分を得て、全ての叡智が眠るという【学院】に通い始める。
しかし、入学時の検査で遺物適正が最低ランクと判明。
劣等貴族と侮られることになるが、実技で実力の片鱗を見せていき……?
これは悪夢のような世界と、苦痛に満ちた虚構、そして闇を裂く微かな希望についての物語。
『幻想再帰のアリュージョニスト』の著者が贈る純血のハイ・ファンタジー。
【電子限定!書き下ろし特典つき】

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。【電子特典付き】」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 邪神の眷属に対抗する遺物を扱えない亜人を貴族が従属させる時代。千年後の世界に蘇った英雄セロトが、悪夢のような世界と苦痛に満ちた虚構を打ち破る学園ファンタジー。人格が定まらず様々な顔を見せるセロトに、勇 邪神の眷属に対抗する遺物を扱えない亜人を貴族が従属させる時代。千年後の世界に蘇った英雄セロトが、悪夢のような世界と苦痛に満ちた虚構を打ち破る学園ファンタジー。人格が定まらず様々な顔を見せるセロトに、勇者として期待するレイミア、救ってくれた神と崇めるアンゼリカ、弟のように扱うミード。露骨な亜人差別がはびこる学園で彼女たちもまたそれぞれ立ち位置から苦悩を抱え、対立に至ってしまう展開でしたけど、意地がぶつかり合う状況でようやく気づいた切なる願いがあって、そんな窮地を乗り越えた結末にはぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2021年06月25日
    40人がナイス!しています
  • う~ん面白いかどうかよく分からんかったというのが正直な感想。キャラは個性的なキャラが多くて良い感じだったんだけれども話の展開というか肝心な内容が圧縮されまくりで置いてきぼりな印象を受けた。もう少し色々 う~ん面白いかどうかよく分からんかったというのが正直な感想。キャラは個性的なキャラが多くて良い感じだったんだけれども話の展開というか肝心な内容が圧縮されまくりで置いてきぼりな印象を受けた。もう少し色々とゆっくり丁寧に書いてくれたら読みやすかっただろうし置いてきぼりにならずに済んだのではないかと。けして話の内容は嫌いではないので調理の問題かな。 …続きを読む
    アウル
    2021年07月02日
    19人がナイス!しています
  • 丁寧に物語を読み込まないと、内容を理解するのに苦労する。主人公は三重人格(多重人格)であるため、ころころとキャラクターが変わる。さらに、主人公の人格の変化はヒロインの願いと連関しているところがある。本 丁寧に物語を読み込まないと、内容を理解するのに苦労する。主人公は三重人格(多重人格)であるため、ころころとキャラクターが変わる。さらに、主人公の人格の変化はヒロインの願いと連関しているところがある。本書はハイ・ファンタジーに分類されるように、物語には天使や妖精、魔人が登場する。普通の人間が天使よりも上位に位置づけられていて、種族間の差別がある。後半部分は読みにくかったので、流してしまったが、内容の濃いファンタジー小説であることは間違いない。 …続きを読む
    ヤギ郎
    2021年07月10日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品