探偵はもう、死んでいる。-the lost memory- 1

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
172
雑誌コード:
5267562
ISBN:
9784046805058

探偵はもう、死んでいる。-the lost memory- 1

  • 著者 poni
  • 原作 二語十
  • キャラクター原案 うみぼうず
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
172
雑誌コード:
5267562
ISBN:
9784046805058

これは探偵が“まだ死んでいなかった”頃の一幕。

平凡な高校生の俺・君塚君彦は
かつて名探偵の助手だった。
シエスタを失ってから1年が経ち、夏凪や斎川と出会い、
シャルと再会した俺は、ある日、彼女たちとともに
《シエスタ》に誘拐される。

そこで語られるのは俺が『忘れている』らしい
シエスタの死の真相だった――。

原作 二語十による、書き下ろしSS収録!

メディアミックス情報

NEWS

「探偵はもう、死んでいる。-the lost memory- 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 素晴らしい。シエスタと君彦の忘れられたストーリー。これは、探偵が死んでいない物語。シエスタがなぜ死んでしまったのか?その死の真相はまだ明らかになっていない。シエスタの助手をしていた君彦にとっては、シエ 素晴らしい。シエスタと君彦の忘れられたストーリー。これは、探偵が死んでいない物語。シエスタがなぜ死んでしまったのか?その死の真相はまだ明らかになっていない。シエスタの助手をしていた君彦にとっては、シエスタの死の真相は知っておきたいところだろう。正直、シエスタと君彦の絡みは最高と言っても過言ではないだろう。二人の距離感はもはや近すぎるくらい、近い。君彦はそんなシエスタの距離感にドギマギしているのだが、彼の自制心は持つのだろうか?毎回推理しながら、超人と戦うのは、君彦の体質ゆえか?良きコミカライズであった。 …続きを読む
    レリナ
    2021年05月30日
    18人がナイス!しています
  • 原作2巻のコミカライズです。本編コミックスがまだそこまで行ってないので、原作未読の人は注意かな。シエスタと君彦のずっと見ていたい日常(非日常) 原作2巻のコミカライズです。本編コミックスがまだそこまで行ってないので、原作未読の人は注意かな。シエスタと君彦のずっと見ていたい日常(非日常)
    メンダコ
    2021年06月07日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品