試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月12日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
256
ISBN:
9784047366596

急がなくてもよいことを

  • 著者 ひうち棚
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月12日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
256
ISBN:
9784047366596

変わっていく、変わらない日々が、確かにここに在りました。

子どもたちだけで映画を観に行った思い出。
ひとり給食を食べるのが遅い、あの子のこと。

久しぶりに帰った実家での母との会話。
僕のことを忘れてしまった、おばあちゃんとのおしゃべり。

動物園デートの思い出。
結婚1年目に夫婦で見た景色。

子どもと歩いた散歩道での出来事。
子どもが寝静まった後の帰宅。
ビニールプールで遊んだ夏のこと。
家族で見た海の情景。



著者のひうち棚さんが2009年から2021年まで、毎日少しずつ丁寧に描いてきた随筆マンガ作品を一冊に。

恥ずかしくもある「昔」の記憶、いろいろある「今」の情景、そしてまだ見ぬ「未来」への願いの詰まった作品集は、たっぷり250ページの分厚い単行本になりました。
それでも、人の人生を、毎日を描ききるには充分な枚数ではないのかもしれません。
ですがきっと、忘れていた大事な時間や大切な人たちのことを、思い出すことはできます。
美しい線で光が描かれ、コマとコマの間に流れ始める時間は、私たちの人生の記憶と穏やかに重なります。

家のどこかにある、忘れていたアルバムの写真を眺めるように、ゆっくり少しずつ、楽しんで読んでいただきたい一冊ができました。

●●●収録作品●●●
「映画の思い出」「おてがみ」「ひとごと」
「ユートピア」「城山」「デジカメ」
「父の母」「デート」「フォトグラフ」
「遠回り」「一年目」「きんかん」
「急がなくてもよいことを」「空白期間」
「まだ今日」「夏休み」「柿の木」「海」

●●●コミックビーム 公式ツイッター●●●
@COMIC_BEAM

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「急がなくてもよいことを」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者が結婚したあたりまでの作品は、その都度発表された同人誌で読んだ記憶があったが、こうして改めてまとめて読むと、ほとんど漂うように静かに移ろう時間が、作品に合わせた絵の変化とともに感じられた。写真のよ 著者が結婚したあたりまでの作品は、その都度発表された同人誌で読んだ記憶があったが、こうして改めてまとめて読むと、ほとんど漂うように静かに移ろう時間が、作品に合わせた絵の変化とともに感じられた。写真のような静的なコマが一つ一つ重ねられて一つの作品となり、その作品が一つ一つ重ねられて一冊の本となっているミルクレープみたいな作り。「ユートピア」の山坂の二人が何だか懐かしい。個人的には、著者等のこどもの頃の話が好み。特に「おてがみ」は傑作だと思う。 …続きを読む
    内島菫
    2021年06月27日
    18人がナイス!しています
  • ツイッターで読んでいていい漫画だなと思っていたので一冊の本にまとまってとてもありがたい。何気ない日常生活を淡々と暖かいタッチで描いていて漫画なのにアルバムみたいになっているのが非常に素晴らしいと思った ツイッターで読んでいていい漫画だなと思っていたので一冊の本にまとまってとてもありがたい。何気ない日常生活を淡々と暖かいタッチで描いていて漫画なのにアルバムみたいになっているのが非常に素晴らしいと思った。子供との生活の漫画しか読んでいなかったけど少年時代や結婚前からの話も描かれてたのね。「夏休み」で水を飲む虫に1コマ使っているのが妙に印象に残った。子供とビニールプールで遊ぶのが本筋かと思ったらそこも描写するのかと言う感じで。 …続きを読む
    辺野錠
    2021年05月12日
    6人がナイス!しています
  • 著者の何気ない日常を描いただけなのに、なぜこんなに素晴らしい作品になるのだろう。一コマ一コマがまるでアルバムの写真を見るような、美しい景色と生活感。セリフや描かれる風景、そしてペンネームからおそらく東 著者の何気ない日常を描いただけなのに、なぜこんなに素晴らしい作品になるのだろう。一コマ一コマがまるでアルバムの写真を見るような、美しい景色と生活感。セリフや描かれる風景、そしてペンネームからおそらく東予地域の人なのだろう、伊予訛りと愛媛の景色は本当に良い。そして藤子ファンとしてくすぐられた高岡への旅行もいい。子を持つ親として微笑ましく読めた「柿の木」が傑作。この作品を世に出した編集者も良いし仕事をしたと思う。 …続きを読む
    ポンポコ
    2021年07月11日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品