空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑

25万部突破! 今、いちばん売れている「天気の本」

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784046051516

25万部突破! 今、いちばん売れている「天気の本」

空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑

  • 著者 荒木 健太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784046051516

そうなんだ! みんな知らない空と雲と天気のふしぎ78

ついに25万部突破! 今、一番売れている天気の本!

雲、雨、雪、虹、台風、竜巻など空(気象)にまつわる、おもしろくてためになる知識をやさしく紹介。映画『天気の子』の気象監修者としても有名な荒木健太郎氏が、天気や気象にまつわるとっておきのネタを教えてくれます。積乱雲の自虐的ともいえる性質、虹は半円形ではないこと、雨滴のてっぺんはとがっていない……などなど、思わず「そうなんだ!」と思ってしまうようなトピックが盛りだくさん。子どもも大人も楽しく読むことができます。近年の豪雨、巨大台風、大雪にまつわる話題も豊富で、「天気・気象のなぜ?」が一気にわかります。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

【第1章】すごすぎる雲のはなし  
雲の色を決めるのは「光」/積乱雲はまるで人間みたい?/「雲が動物に見える現象」には名前がある/おみそ汁の湯気も雲/ふしぎなかたちの雲/雲は地震の前兆にはならない etc
【第2章】すごすぎる空のはなし 
虹のふもとにはたどりつけない/赤い月はいつでも見られる/丸くない太陽がある/マジックアワーは1日2回/空が青いのは?/虹は丸い/積乱雲が空を割る瞬間 etc
【第3章】すごすぎる気象のはなし 
雨のつぶの頭はとがっていない/雪の結晶は121種類/雷はどこに落ちるのか/台風は温帯低気圧になってからも怖い/雹を輪切りにすると? etc
【第4章】すごすぎる天気のはなし
 「降水確率100%」=大雨じゃない/「1時間に100ミリの雨」の重さ/天気にまつわる言い伝えのウソホント/「大気の状態が不安定」は積乱雲登場の予告 etc

雲・空・気象・天気の「すごすぎる話」が満載


メディアミックス情報

NEWS

2021年8月8日『情熱大陸』(MBS/TBS系全国ネット)に著者出演!

 

「空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明日から空を見上げたくなること必至の本。雲、空、気象、天気について78項目を見開き2ページで解説。半分は写真等による図解ですから、大変読みやすく、子供から大人まで楽しく学べます。例えば、雲は大きく分け 明日から空を見上げたくなること必至の本。雲、空、気象、天気について78項目を見開き2ページで解説。半分は写真等による図解ですから、大変読みやすく、子供から大人まで楽しく学べます。例えば、雲は大きく分けると10種類。なぜ雲は白く、空は青く、夕焼けは赤いのか。みそ汁の湯気も雲。雪は121種類で、結晶はスマホでも撮れる。都会では、あの雨のにおいがしないのは何故か等々、面白くて役に立つ知識が満載でした。 …続きを読む
    キック
    2021年07月18日
    74人がナイス!しています
  • 【図書館】著者の荒木さん「世界でいちばん素敵な雲の教室」に続き2冊目。←は、雲に特化した本でしたが、この本は、お天気全般について。写真も多く、ルビがふってあり、小学生でも手にしやすい。気温のグラフが右 【図書館】著者の荒木さん「世界でいちばん素敵な雲の教室」に続き2冊目。←は、雲に特化した本でしたが、この本は、お天気全般について。写真も多く、ルビがふってあり、小学生でも手にしやすい。気温のグラフが右肩上がりなのを見て、地球温暖化に恐怖を感じてしまった。そして、この本を読み、私が好きなのは雲なんだということが判明☁ …続きを読む
    アクビちゃん
    2022年04月17日
    51人がナイス!しています
  • 昨年姪っ子のクリスマスプレゼントに贈ったもので、本書をとても気に入って毎日学童に持っていくんだとか。私も話を合わせるために、急いで読まなくては思った次第。これは面白い! 一字一句全てを小学生が読むのは 昨年姪っ子のクリスマスプレゼントに贈ったもので、本書をとても気に入って毎日学童に持っていくんだとか。私も話を合わせるために、急いで読まなくては思った次第。これは面白い! 一字一句全てを小学生が読むのは難しいが、綺麗な雲の写真、キャラクター化した風や雨のイラストが充実していることころが、小学生が気に入る要因だろう。大人でも覚え切れないほどの情報量だが、本書が手元にあったら、いつでも空を見て本書と見比べることができる。虹の作り方やハロ(光輪)の見方なども自由研究に使えるし、子どもと一緒に学ぶこともできそう。 …続きを読む
    どぶねずみ
    2022年04月08日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:荒木健太郎

荒木健太郎

雲研究者、気象庁気象研究所研究官、学術博士。 1984年生まれ。慶應義塾大学経済学部を経て気象庁気象大学校卒業。専門は雲科学・気象学。防災・減災のために災害をもたらす雲のしくみを研究している。映画『天気の子』(新海誠監督)気象監修、NHK『おかえりモネ』気象資料提供。著書に『雲を愛する技術』(光文社)、『世界でいちばん素敵な雲の教室』(三才ブックス)、『雲の中では何が起こっているのか』(ベレ出版)、『せきらんうんのいっしょう』(ジャムハウス)など多数。
Twitter:@arakencloud

最近チェックした商品