試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784046051516

そうなんだ! みんな知らない空と雲と天気のふしぎ78

あっという間に15万部突破! 今、一番売れている天気の本!

雲、雨、雪、虹、台風、竜巻など空(気象)にまつわる、おもしろくてためになる知識をやさしく紹介。映画『天気の子』の気象監修者としても有名な荒木健太郎氏が、天気や気象にまつわるとっておきのネタを教えてくれます。積乱雲の自虐的ともいえる性質、虹は半円形ではないこと、雨滴のてっぺんはとがっていない……などなど、思わず「そうなんだ!」と思ってしまうようなトピックが盛りだくさん。子どもも大人も楽しく読むことができます。近年の豪雨、巨大台風、大雪にまつわる話題も豊富で、「天気・気象のなぜ?」が一気にわかります。

もくじ

【第1章】すごすぎる雲のはなし  
雲の色を決めるのは「光」/積乱雲はまるで人間みたい?/「雲が動物に見える現象」には名前がある/おみそ汁の湯気も雲/ふしぎなかたちの雲/雲は地震の前兆にはならない etc
【第2章】すごすぎる空のはなし 
虹のふもとにはたどりつけない/赤い月はいつでも見られる/丸くない太陽がある/マジックアワーは1日2回/空が青いのは?/虹は丸い/積乱雲が空を割る瞬間 etc
【第3章】すごすぎる気象のはなし 
雨のつぶの頭はとがっていない/雪の結晶は121種類/雷はどこに落ちるのか/台風は温帯低気圧になってからも怖い/雹を輪切りにすると? etc
【第4章】すごすぎる天気のはなし
 「降水確率100%」=大雨じゃない/「1時間に100ミリの雨」の重さ/天気にまつわる言い伝えのウソホント/「大気の状態が不安定」は積乱雲登場の予告 etc


メディアミックス情報

NEWS

2021年8月8日『情熱大陸』(MBS/TBS系全国ネット)に著者出演!

 

「空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明日から空を見上げたくなること必至の本。雲、空、気象、天気について78項目を見開き2ページで解説。半分は写真等による図解ですから、大変読みやすく、子供から大人まで楽しく学べます。例えば、雲は大きく分け 明日から空を見上げたくなること必至の本。雲、空、気象、天気について78項目を見開き2ページで解説。半分は写真等による図解ですから、大変読みやすく、子供から大人まで楽しく学べます。例えば、雲は大きく分けると10種類。なぜ雲は白く、空は青く、夕焼けは赤いのか。みそ汁の湯気も雲。雪は121種類で、結晶はスマホでも撮れる。都会では、あの雨のにおいがしないのは何故か等々、面白くて役に立つ知識が満載でした。 …続きを読む
    キック
    2021年07月18日
    72人がナイス!しています
  • もくもくもの荒木先生のお天気の本。気象にまつわる可愛いキャラと一緒に学べます。ウサギに見える雲も。パレイドリア現象という雲を見て心象風景を投影する名がついています。普段見てる空と雲。一期一会のその瞬間 もくもくもの荒木先生のお天気の本。気象にまつわる可愛いキャラと一緒に学べます。ウサギに見える雲も。パレイドリア現象という雲を見て心象風景を投影する名がついています。普段見てる空と雲。一期一会のその瞬間に出会う気象の不思議。名を知り仕組みを知ることで、もっと雲を空を気象を楽しんで愛することが出来る。空と雲が教えてくれる地球の動き、美しさや自然の畏敬、そして生きる為の判断を育てていくことを、写真やイラストと共に学べます。多様な雲の 分類表の名を読むだけでもワクワクする!お味噌汁で雲を作る実験は楽しそう! …続きを読む
    陽@ リュウグウからの贈り物💖
    2021年05月11日
    13人がナイス!しています
  • 雲は大きく分けると10種類。細かく分けると100種類。雲の色を決めるのは「光」。入道雲の本当の名前は「雄大積雲」上部に髪の毛のようなスジ構造が見られるか雷活動が伴うようになると積乱雲に分類される。積乱 雲は大きく分けると10種類。細かく分けると100種類。雲の色を決めるのは「光」。入道雲の本当の名前は「雄大積雲」上部に髪の毛のようなスジ構造が見られるか雷活動が伴うようになると積乱雲に分類される。積乱雲は髪の毛が生えて坊主頭ではなくなるため入道雲と呼べなくなる。積乱雲の一生はまるで人生のよう。日の出前と日の入後の空がベストオブ焼け色。ブルーモーメント、キレイだな。空の色を見て本当に美しいと思うことがよくある。特に秋。1hPaは手のひらにきゅうり一本分をのせた重さ。情熱大陸で紹介されていて興味をもちました。 …続きを読む
    あお
    2021年09月13日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:荒木健太郎

荒木健太郎

雲研究者、気象庁気象研究所研究官、学術博士。 1984年生まれ。慶應義塾大学経済学部を経て気象庁気象大学校卒業。専門は雲科学・気象学。防災・減災のために災害をもたらす雲のしくみを研究している。映画『天気の子』(新海誠監督)気象監修、NHK『おかえりモネ』気象資料提供。著書に『雲を愛する技術』(光文社)、『世界でいちばん素敵な雲の教室』(三才ブックス)、『雲の中では何が起こっているのか』(ベレ出版)、『せきらんうんのいっしょう』(ジャムハウス)など多数。
Twitter:@arakencloud

最近チェックした商品