試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041111611

麦と兵隊・土と兵隊

  • 著者 火野 葦平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041111611

火野葦平は、いかなるときも「人間」を書く。幻のベストセラーを復刊!

どんなに検閲がうるさく、制限がきびしかろうとも、書いておきたいものがあった――(あとがきより)
陸軍報道部員として日中戦争に従軍した著者が愛をもって描く兵隊と中国民衆。
果てしない麦畑を進軍、九死に一生を得た徐州作戦の経験を日記形式で綴る「麦と兵隊」、
杭州湾敵前上陸作戦に臨み、死と隣り合わせの日々を懸命に生きる兵隊の心情を弟への手紙形式で綴る「土と兵隊」の2作を収録。
戦場のリアルを限界まで追求し、書けなかった現実をも想像させる名作。

特別収録 浅田次郎「時代の贄 火野葦平の従軍手帖に寄せて」

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「麦と兵隊・土と兵隊」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高校時代以来の再読。当時は周りに従軍経験者も多く存命で支那事変やその後の戦争中の話を聞く機会もあったが、本書に関しては何か冗長な気がして読みづらかった印象だった。ところが今回読んでみると、事象の羅列の 高校時代以来の再読。当時は周りに従軍経験者も多く存命で支那事変やその後の戦争中の話を聞く機会もあったが、本書に関しては何か冗長な気がして読みづらかった印象だった。ところが今回読んでみると、事象の羅列の中に深い考察と制限された中で精一杯の思いと戦場の真実を伝えようとする筆力に圧倒された。受け止める側の私が、その読み取る力を得たということだろう。 …続きを読む
    yamatoshiuruhashi
    2021年04月28日
    43人がナイス!しています
  • 作者の日中戦争従軍記である。『麦と兵隊』、『土と兵隊』の二作品が収録されている。解説に書かれていましたが、この作品の意義は戦後に書かれたのではなく、戦中に戦場でリアルタイムに書かれたことである。しかも 作者の日中戦争従軍記である。『麦と兵隊』、『土と兵隊』の二作品が収録されている。解説に書かれていましたが、この作品の意義は戦後に書かれたのではなく、戦中に戦場でリアルタイムに書かれたことである。しかも、軍による検閲が非常に厳しい中で、である。ゆえに好戦的に読める箇所もあるが決してそうではない。反戦文学だと私は思いたい。『麦と兵隊』のラスト一行がその象徴のようでもある。そう考えると文学って、とてつもなく凄いなと思った。記録文書としても後世、永遠に残して欲しい作品だ。 …続きを読む
    Shoji
    2021年03月19日
    39人がナイス!しています
  • 「戦場では特別な経験などというものはありはしない。取り立てて云うほどのことはなにもない。同じような日が同じように過ぎて行くだけだ。上海から、南京から、徐州へ、それからもっと先へ、戦場は果てしなく続いて 「戦場では特別な経験などというものはありはしない。取り立てて云うほどのことはなにもない。同じような日が同じように過ぎて行くだけだ。上海から、南京から、徐州へ、それからもっと先へ、戦場は果てしなく続いている」それは時代に阿る国策文学か、真実を綴る戦争文学か。日中戦争当時従軍記者のルポタージュとしてベストセラーになった本作は、戦後激しい賛否両論に晒された問題作でもあるが、自身の体験を作品に昇華させる強い信念は確かに宿っていた。迫真の力作だ。 …続きを読む
    東京湾
    2021年09月17日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品