チェイサーゲーム (5)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月30日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
216
ISBN:
9784047335189

チェイサーゲーム (5)

  • 原作 松山 洋
  • 漫画 松島 幸太朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月30日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
216
ISBN:
9784047335189

時に味方は敵のような姿をしている。

ゲーム開発会社サイバーコネクトツーでチームのメンバーをまとめながら働く龍也は、開発中の新規タイトルのボスバトルを制作するプロジェクトを引き継ぐことに。しかし、そのプロジェクト、異例といえるほどに制作が長期化していた。そのすべての原因はある男のせいだった。

各業界のクリエイターから、「リアルすぎて胃が痛くなる!」と評されるほど波紋を呼ぶ本作。単行本第5巻では、ゲームを開発する“デベロッパー”でクリエイターとして活動している主人公たちが、ゲームの販売元である“パブリッシャー”からやってきた外部のプロデューサーに振り回される『プロデューサー編』に加え、魚川の葛藤を描いた外伝も収録。そのほか、単行本でしか読めない、“ゲーム業界あるある”や原作者コラムも必読!

メディアミックス情報

NEWS

「チェイサーゲーム (5)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【○+】現代編に戻ってまたひりひり面白くなった。開発の仕様変更の根拠がアレって、「変更仕様書出せよ」って言いたくなるな。 【○+】現代編に戻ってまたひりひり面白くなった。開発の仕様変更の根拠がアレって、「変更仕様書出せよ」って言いたくなるな。
    祐樹一依
    2020年12月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品