試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
208
ISBN:
9784047364042

午後9時15分の演劇論 1

  • 著者 横山 旬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
208
ISBN:
9784047364042

よく学び、よく悩め!! 不撓不屈の学生演劇青春譜、開幕!!

某有名美術大学・表現学部・舞台コース(夜間学部)。
制作発表会に向けて集まった学生たちは、
ドロドロモヤモヤと腹にイチモツを抱えた「変わり者」ばかりだったーー。

元・引きこもりの役者。
有名劇団員の娘の舞台監督。
建築士の親を持つ舞台美術に、
大金持ちの衣装メイク……。

ひとクセもふたクセもある夜学生たちに、
自称天才演出家・古謝(こしゃ)タダオキ(19)が、
根拠のない自信だけを武器に立ち向かう!!

これが「学生演劇の作り方」!!
板の上に全てを懸ける、曲者たちの青春ソワレ、開幕!



●横山旬 ビームコミックス好評既刊●
『変身!(全3巻)』
『白い狸 横山旬作品集』
『あらいぐマンといっしょ 上巻』

●コミックビーム 公式ツイッター●
@COMIC_BEAM

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「午後9時15分の演劇論 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 某有名美術大学の二部。表現学部の舞台コースでは、製作発表会で「白夜」という演劇を上演することになった。見ず知らずの男3人が組んで強盗を行う隠れ家での一夜の物語で 大学の教授が大昔に書いた本だった。2年 某有名美術大学の二部。表現学部の舞台コースでは、製作発表会で「白夜」という演劇を上演することになった。見ず知らずの男3人が組んで強盗を行う隠れ家での一夜の物語で 大学の教授が大昔に書いた本だった。2年の古謝タダオキは、舞台経験ナシながら、自ら演出に立候補し、特に反対もなく任命されるが…(続く …続きを読む
    緋莢@感想お休み中
    2020年12月09日
    7人がナイス!しています
  • 役者の岡森さんのお勧めで読んだ。学生の演劇の漫画は他にもあるが、役者視点ではなく演出、スタッフ視点なのが熱い。個人的に学生時代に初めて主体的に演劇に関わった時が演出としてだったこともあり主人公への感情 役者の岡森さんのお勧めで読んだ。学生の演劇の漫画は他にもあるが、役者視点ではなく演出、スタッフ視点なのが熱い。個人的に学生時代に初めて主体的に演劇に関わった時が演出としてだったこともあり主人公への感情移入が半端ない。すごく気になるところで終わっており続きが気になる❗ …続きを読む
    清角克由
    2021年02月05日
    0人がナイス!しています
  • とある美大の夜間部、表現学部舞台コースの主人公が確固たるビジョンを持って演出に立候補し舞台を作り上げようとするも、ブレにブレて本当にこれでいいのかどうなる本番。という1巻 演劇モノはともすればシリアス とある美大の夜間部、表現学部舞台コースの主人公が確固たるビジョンを持って演出に立候補し舞台を作り上げようとするも、ブレにブレて本当にこれでいいのかどうなる本番。という1巻 演劇モノはともすればシリアスな描写に走りたくなるが、コメディタッチで描かれており非常に読みやすい 稽古期間の細かな描写はそこそこに、まずは舞台を作り上げて上演する一連の流れを描こうとしているっぽく、本筋はまだこれからっぽく楽しみ 天才はいない この作者はクセの強い漫画を描くが、逆に言えばとても個性的でこの人でしか読めないので大好き …続きを読む
    かたくりこ
    2020年11月29日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品