死に挑むワルキューレ 紡がれし運命のサーガ

死に挑むワルキューレ 紡がれし運命のサーガ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年11月01日
商品形態:
電子書籍

死に挑むワルキューレ 紡がれし運命のサーガ

  • 著者 青川 志帆
  • イラスト 鳴海 ゆき
発売日:
2020年11月01日
商品形態:
電子書籍

第18回角川ビーンズ小説大賞奨励賞受賞作! 戦え、まだ見ぬ希望の為に!

心優しき少女・ソフィーは病気の弟を助けるため、ワルキューレと呼ばれる職業に就く。しかしそれは、生存者がほぼいない危険な職業だった! 戦場に駆り出された彼女は、将軍・イェンスと共に戦うことになり…?

■人気タイトルの購入者限定特典SSが読めるQRコードを収録
※閲覧期限は2021年1月31日まで
※一部の携帯電話・スマートフォン機種によっては読み取れない場合がございます
※パケット通信料を含む通信費用はお客様のご負担となります
※小説自体のダウンロードはできませんので、ご了承ください
※特典内容は紙書籍と同様のものです

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死に挑むワルキューレ 紡がれし運命のサーガ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高額な報酬と引き換えに、十割死ぬと言われるワルキューレとして戦場に出る事を決意したソフィーだが…。魔術で体を作り替え、敵陣が仕向ける死神に唯一対抗出来るワルキューレとなって戦うという独自性が良い。あま 高額な報酬と引き換えに、十割死ぬと言われるワルキューレとして戦場に出る事を決意したソフィーだが…。魔術で体を作り替え、敵陣が仕向ける死神に唯一対抗出来るワルキューレとなって戦うという独自性が良い。あまりにも死に近い戦場だからこそ、ワルキューレと将校は惹かれ合う。禁断の恋にはやはりドキドキさせられる。恐怖も悲しみも経験し、段々と戦場に立つ覚悟を決めていくソフィーの精神的成長の過程が繊細に描写されており、一緒になって共感できる。緊迫のクライマックスから、堂々としたエピローグまで清々しく読めて楽しめた。 …続きを読む
    ゆなほし
    2020年12月23日
    33人がナイス!しています
  • 隣国の『死神』という存在を唯一倒せる存在がワルキューレ。女性のみが半死体となり、光の矢という特別な能力を使って死神を倒す。光の矢自体は精神力が物を言うので、生粋の軍人である必要はないが、ワルキューレは 隣国の『死神』という存在を唯一倒せる存在がワルキューレ。女性のみが半死体となり、光の矢という特別な能力を使って死神を倒す。光の矢自体は精神力が物を言うので、生粋の軍人である必要はないが、ワルキューレは人間の攻撃も受けてしまうため、戦士と二人一組で戦う。弟の薬代のため、ワルキューレとなるソフィー。ソフィーと組むのは、将軍のイェンスだった。 展開が読めてしまいストーリー的に甘かったのかな…?あとあれだけ頑なだったイェンスがどこでソフィーに惚れたのかよく分からない。戦争物としても恋愛物としても中途半端だった。 …続きを読む
    かなで
    2021年03月08日
    20人がナイス!しています
  • タイトルと設定に惹かれ購入。まずまずです。ソフィーがイェンスに惹かれたのは恩人と思ったから?好意を持った流れがちょっと曖昧。あらすじにイェンスはソフィーを認めないと書いてるから余程反発したかと思ったら タイトルと設定に惹かれ購入。まずまずです。ソフィーがイェンスに惹かれたのは恩人と思ったから?好意を持った流れがちょっと曖昧。あらすじにイェンスはソフィーを認めないと書いてるから余程反発したかと思ったらあっさり受け入れてるわ…。死神のからくりはミケールの事情を読んですぐ分かってしまった。ソフィーが死の魔術にかかりやすい理由が予想外でした。結局は倫理観の違いかなあ。ローネが戦死したのは残念だけど、生き残っても病気のことを考えるとやるせない。甘さが皆無だったのが寂しいよ、迎えに来てくれた時はよし!と思ったのに! …続きを読む
    莉芳
    2020年12月06日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品