ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~ 1

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月07日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784040649559

ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~ 1

  • 漫画 みやの はる
  • 原案・監修 堀江 宏樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月07日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784040649559

18世紀フランス――。それは美の特異点。

琉花は化粧品の開発部に勤めるアラサー女子。恋愛には奥手ながらも仕事では成功を収め、周囲にも認められつつあった。そんなとき、海外ブランドとの大きな事業契約の話が持ち上がる。仕事を認められた興奮とともに訪れたフランスの地で、琉花は奇妙な場所に迷い込んでしまった。行きついたその扉の向こうはなんと18世紀、ブルボン王朝時代のフランス――!
恋と美の華やかなりし18世紀パリで、琉花が出会ったのは自称天才髪結い師、レオナール・オーティエ。美の革命期にあった当時のフランスで、琉花はその知力と技術を用いて奮闘する!
激動の世をどう生き抜くか!? 理系女子のタイムスリップ浪漫!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

Chapitre 1 Labyrinthe(ルビ:ラビラント)―迷宮― P001
Chapitre 2 Maquillage(ルビ:マキアージュ)―化粧― P041
Chapitre 3 Mariage(ルビ:マリアージュ)―組合― P083
Chapitre 4 Famille(ルビ:ファミーユ)―家族― P135

メディアミックス情報

NEWS

「ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~ 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ブルボン王朝の全盛期、あの、薔薇は薔薇は気高く~♪の時代の化粧師の話と思ったら違った(笑)アラサーキャリア女子の琉花がタイムスリップ?して、その化粧品開発の知識を生かして活躍する?面白かった♪マリーア ブルボン王朝の全盛期、あの、薔薇は薔薇は気高く~♪の時代の化粧師の話と思ったら違った(笑)アラサーキャリア女子の琉花がタイムスリップ?して、その化粧品開発の知識を生かして活躍する?面白かった♪マリーアントワネットとか出てくるのかなあ?鉛白とか、どこかの薬師のキーワードかと(笑) …続きを読む
    まろんぱぱ♪ 
    2022年02月19日
    46人がナイス!しています
  • がっつり理系で女性っぽいことに興味の無い琉花が興味を持ったのは、最先端科学が詰め込まれた化粧品の魔法。就職した大手で化粧品開発の責任者となるが、出張先で上司と相性が合わず、ホテルを出ようとした先は18 がっつり理系で女性っぽいことに興味の無い琉花が興味を持ったのは、最先端科学が詰め込まれた化粧品の魔法。就職した大手で化粧品開発の責任者となるが、出張先で上司と相性が合わず、ホテルを出ようとした先は18世紀のフランス。まず、設定が面白いよね。偶然出会った美形調髪師のレオナールと化粧で魔法をかける仕事をはじめ、庶民や貴族の様々な問題や事件を解決していく。52歳のバルモン男爵と顔に火傷の痣を持つ13歳のマルグリットが結婚する話は心に響く話。その後の殺人事件は当時の化粧品事情が絡んでいて面白い、解決は次巻。 …続きを読む
    Yukiko Yosuke
    2022年02月27日
    19人がナイス!しています
  • ジェンダーレスが叫ばれながらも皇族女子問題で揉める現代、「女なんだから」「こうあるべき」と差別化されることを由としない化粧品開発部・琉花は、18世紀フランスにトリップしてしまい髪結師のレオナールに出会 ジェンダーレスが叫ばれながらも皇族女子問題で揉める現代、「女なんだから」「こうあるべき」と差別化されることを由としない化粧品開発部・琉花は、18世紀フランスにトリップしてしまい髪結師のレオナールに出会う…。 彼が持つ中世の女性観と、女性を道具扱いすることに抵抗がある現代人・琉花の思想がぶつかり合いながらも、生きていくためにメイク担当としてレオナールと組んで仕事をしていく。 開発部にいたので、中世時代に流行った化粧品の成分とかの薀蓄も面白いです。 …砒素入り化粧水かぁ…。 …続きを読む
    ルシュエス
    2021年12月08日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品