ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041099605

ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」

  • 著者 三田 誠
  • イラスト 坂本 みねぢ
  • 原作 TYPE-MOON
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041099605

君の人生を、最も輝かしいものに捧げたまえ

不気味にうごめくハートレスの足跡を辿るべく、調査していたエルメロイII世とグレイのもとにもたらされたのは、『冠位決議(グランド・ロール)』の知らせであった。
何人もの君主(ロード)と代行たちが集まるという会議に、無論エルメロイII世も召集されることになる。
しかし、このたび掲げられた問題は、貴族主義派、民主主義派の双方を揺さぶり、魔術協会全体を混乱に陥れる陰謀の渦だった。
時計塔の地下に広がる大迷宮と、その生還者。
謎の、連続失踪事件。
そして、いずれ劣らぬ時計塔の支配者たち。
『ロード・エルメロイII世の事件簿』、最後の舞台の幕がいま開く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロード・エルメロイII世の事件簿 8 「case.冠位決議(上)」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 世界観の設定や舞台がよく明かされていた話。ロードたちが続々と登場し、黒幕に迫っていくところが見どころである。白い人工血液の話題に触れ、神秘としてそれが実現してるなら、科学者はどう思うか?の辺りは著者の 世界観の設定や舞台がよく明かされていた話。ロードたちが続々と登場し、黒幕に迫っていくところが見どころである。白い人工血液の話題に触れ、神秘としてそれが実現してるなら、科学者はどう思うか?の辺りは著者の純粋な好奇心を伺うことができるようでよかった。 マリスビリーとハートレスとの関係に触れるも、オルガマリーの台詞から情報を出すのは最小限に留めてる印象。同作品他作のネタバレや設定が壊れないよう、配慮しつつ、物語として整合性保つのは素晴らしい仕事だなと感じられる。 …続きを読む
    aoto
    2020年10月25日
    0人がナイス!しています
  • 面白かった!このシリーズの文章とは相性が良くて、サクサク読み進められるのが嬉しい。次巻が楽しみ。 面白かった!このシリーズの文章とは相性が良くて、サクサク読み進められるのが嬉しい。次巻が楽しみ。
    モリヤマ リン
    2020年10月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品