男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!) Flag 1. じゃあ、30になっても独身だったらアタシにしときなよ?

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049133721

男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!) Flag 1. じゃあ、30になっても独身だったらアタシにしときなよ?

  • 著者 七菜 なな
  • イラスト Parum
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049133721

永遠の友情を誓った親友ふたりが――ふとしたきっかけで〈両片想い〉に!?

☆★☆発売即・大重版!☆★☆
SNSで話題の青春〈友情〉ラブコメディ『だんじょる?』!!

 とある田舎の中学校で、ある男女が永遠の友情を誓い合った。1つの夢に向かい運命共同体となった二人の仲は――特に進展しないまま2年の歳月が過ぎる……!
 未だに初恋がこない陽キャ女子・犬塚日葵と、花を愛する植物男子・夏目悠宇は、高校2年生になっても変わらず、二人だけの園芸部で平和に親友やっていた。
「悠宇が結婚できなかったら、アタシが責任取ってやんなきゃねー」「日葵がそれ口走ってから、おまえの兄さんが『義弟くん!』って呼んできて辛いんだけど」
 ところが、悠宇が過去の初恋相手と再会したことで、突如二人の歯車が狂い出す!? 果たして恋を知った日葵は〈理想の友だち〉脱却なるか?

もくじ

Prologue 二輪の花
1 “ずっと離れない”
2 “ただ一度だけ、会いたくて”
3 “愛の告白”
4 Turning Point.
5 “不滅の愛”
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

電撃文庫朗読してみた『男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!)』(朗読/藤田茜)

「男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!) Flag 1. じゃあ、30になっても独身だったらアタシにしときなよ?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日葵と悠宇、親友と言う言葉に隠されてしまった本当の感情に、凜音と言う「第三項」を放り込まれることで、気付いていくドタバタが楽しく、初々しさがとてもジューシー。二人の関係が恋愛感情だけに還元される物では 日葵と悠宇、親友と言う言葉に隠されてしまった本当の感情に、凜音と言う「第三項」を放り込まれることで、気付いていくドタバタが楽しく、初々しさがとてもジューシー。二人の関係が恋愛感情だけに還元される物では無いことも大きなポイントかな。悠宇のフラワーアクセの成功が二人の目標としてあり、そこに日葵の兄貴、と言うより犬塚家の経済的かつ地域振興的な戦略に基づく先行投資が絡んで来ると言う設定は面白いではないか。この関係が維持される限り、安定して読み続けて行けると思う。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2021年08月05日
    89人がナイス!しています
  • 【電子】フラワーアクセサリ職人を目指す植物男子・悠宇と彼のアドバイザかつ広告塔として共に歩む陽キャ女子・日葵は、おしどり夫婦のような仲だが永遠の友情を誓った親友同士。そんな彼らの前に悠宇の初恋の少女が 【電子】フラワーアクセサリ職人を目指す植物男子・悠宇と彼のアドバイザかつ広告塔として共に歩む陽キャ女子・日葵は、おしどり夫婦のような仲だが永遠の友情を誓った親友同士。そんな彼らの前に悠宇の初恋の少女が現れたことを切っ掛けに、二人の歯車は少しずつずれ始めて…。『男女の友情』という賛否両論あるテーマに挑む本作。二人の揺れ動く気持ちや初恋の少女との関係などが繊細に描かれており、とても胸がときめく青春ラブコメでした。悠宇と日葵の関係は『親友』から変わるのか。今後の展開から目が離せません。期待の新シリーズです。 …続きを読む
    芳樹
    2021年01月10日
    58人がナイス!しています
  • ★★★★★ ここ一年に発売されたラブコメ作品の中でも頭二つ程抜けている、思わず読了後に唸ってしまうくらいにめちゃくちゃ面白かった。物語を構成する登場人物は全部で四人。一人は主人公の友人ポジションとして ★★★★★ ここ一年に発売されたラブコメ作品の中でも頭二つ程抜けている、思わず読了後に唸ってしまうくらいにめちゃくちゃ面白かった。物語を構成する登場人物は全部で四人。一人は主人公の友人ポジションとして良い味を出しているし、ヒロイン二人はキャラデザも含めて両者がとても魅力的に描かれている。恐らく読む人によってどちらを推しに選ぶかかなり分かれると思うけど、若干出来レース気味なのが少し勿体ないような気もする。全体的に好みに突き刺さる作品だったので不満はほとんどなかったものの、強いて言うならばメインヒロインであ→ …続きを読む
    まっさん
    2021年02月08日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品