東シナ海 漁民たちの国境紛争 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年12月10日
商品形態:
電子書籍

東シナ海 漁民たちの国境紛争

  • 著者 佐々木 貴文
発売日:
2021年12月10日
商品形態:
電子書籍

尖閣から日本漁船が消える日。最前線では毎日なにが起きているのか?

尖閣から日本漁船が消える日。
最前線では毎日なにが起きているのか?
漁業から日中台の国境紛争の現実が見える。
現地調査を続ける漁業経済学者による、渾身の論考!

漁業は国際情勢を映し出す鏡だ。
尖閣諸島での「唯一の経済活動」、それが漁業である。
海の上に線は引けない。漁業活動は食糧安全保障に直結しているばかりか国土維持活動ともなっている。
日本の排他的経済水域(EEZ)は世界有数とされているが、実は東シナ海では関係国と相互承認している日本のEEZはほとんどない。
東シナ海だけではない。日本海でも、オホーツク海でも水域の画定はされていないのだ。
尖閣諸島水域を中心に東シナ海の操業は中国、台湾に席巻されてままならず、そもそもインドネシア人に日本の漁業界は既に人材も依存してしまっている。
なぜ危機的な状況に陥ったのか? 日々の食卓の裏にある国境産業の現実を赤裸々に描く!

■国境産業は国家の化粧、国力を測るリトマス試験紙である
■日本漁船団は排他的経済水域すら失いかねない
■遠洋漁業は「流動的国土」。中国は遠洋強国となった
■日本は台湾に尖閣諸島の排他的経済水域を明け渡した
■東シナ海には二〇〇カイリ時代は到来しなかった
■外国人船員が国境の最前線に立っている
■外国人依存が日本漁業の思考停止を加速させた
■華僑・華人の漁業は南洋で拡大している
■日本漁業国有化論という問題提起

【目次】

まえがき 東シナ海での出会い
序章 日本の生命線
第一章 追いつめられる東シナ海漁業
第二章 東シナ海で増す中国・台湾の存在感
第三章 東シナ海に埋め込まれた時限爆弾
第四章 日本人が消える海
第五章 軍事化する海での漁業
終章 日本漁業国有化論
あとがき――さまよう小舟
主要参考文献

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「東シナ海 漁民たちの国境紛争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 僕自身は9条論者で、理想論的と知りつつ、戦争は外交と経済活動の敗北だし、軍備増強も意味がないと思っている。ただこれはやはり理想論で、「戦争」はもしもの話ではなくほぼ現実の話としてとっくにはじまっている 僕自身は9条論者で、理想論的と知りつつ、戦争は外交と経済活動の敗北だし、軍備増強も意味がないと思っている。ただこれはやはり理想論で、「戦争」はもしもの話ではなくほぼ現実の話としてとっくにはじまっている。そんな事実を突きつけられる本だった。描かれているのは東シナ海で現実に中国、そして台湾の「軍隊」と対峙し、(文字通り)追われている漁民の姿だった。そしてなぜこうなってしまったのかを歴史的、政治的な経緯から明らかにしてくれている。外交の難しさを痛感すると同時に、ではどうすればよかったのか、もどかしさが募った。 …続きを読む
    ドラマチックガス
    2022年01月07日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品