いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784040648040

いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら

  • 著者 永菜 葉一
  • イラスト なび
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784040648040

青春の全てを捧げた、小説の世界は――戦場だった。

柊海人の日常は全てが灰色だった。可愛い妹と何かと気に入らないことがあればすぐに激昂してしまう父。アンバランスな家庭を守るため、アルバイトに明け暮れ、将来のことなんて考えられなかった。
天谷浩太の日常は全てが虹色だった。幼いころから欲しいものは何でも与えられ、何をしたって上手くいった。そんな二人に文芸部部長・神楽坂朱音は小説の世界の素晴らしさを説いた。そして、囁く
「君たちのどちらかがプロデビューして、私を奪って欲しい――」
いびつな関係の3人が小説という名の戦場に出揃うとき、物語は動き出す。小説に魅せられた少年少女が贈る、本物の青春創作活劇!

メディアミックス情報

NEWS

「いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 可愛い妹と暴力的な父。アンバランスな家庭を守るためアルバイトに明け暮れ、将来のことなんて考えられなかった柊海人。そんな海人が小説の世界の素晴らしさを説く神楽坂朱音と運命の出会いを果たす青春小説。人生を 可愛い妹と暴力的な父。アンバランスな家庭を守るためアルバイトに明け暮れ、将来のことなんて考えられなかった柊海人。そんな海人が小説の世界の素晴らしさを説く神楽坂朱音と運命の出会いを果たす青春小説。人生を変えるきっかけとなった朱音との出会い。何もかもが対照的なライバル・天谷浩太。歪な想いに囚われた朱音を巡る三角関係も絡めつつ、彼らの創作活動を軸として展開してゆくストーリーで、絶望的な状況に陥って小説を書くことを諦めかけた時も叱咤してくれる仲間がいて、大切な気持ちを胸に戦うことを選んだ彼らの姿が印象的でしたね。 …続きを読む
    よっち
    2020年09月22日
    49人がナイス!しています
  • 柊海人と天谷浩太、形は違えども神楽坂朱音という人に出会った事が切っ掛けで小説を書くことに魅せられた者達の物語です。とても面白かったです。生い立ちや環境の事もあって文字通り小説がなければ生きていけないと 柊海人と天谷浩太、形は違えども神楽坂朱音という人に出会った事が切っ掛けで小説を書くことに魅せられた者達の物語です。とても面白かったです。生い立ちや環境の事もあって文字通り小説がなければ生きていけないと思っていた海人と、執筆活動の入り口からして数ある選択肢から小説を選んだ浩太と、その二人に多大な影響を与えた朱音と…。作中での出来事の通りにそれぞれ小説に対する思い入れや接し方が違うものの、やがて同じ「戦場」に立った三人のこれまでとこれからがとても良く書き上げられていたなと思いました。次回作もまた期待です。 …続きを読む
    まるぼろ
    2020年10月21日
    37人がナイス!しています
  • 小説を書くことしかできなかった少年。小説を書くことを選んだ少年。二人を導く創作に憑かれた少女。プロの作家を目指した少年少女たちの青春物語。小説を書くことへの情熱、喜び、諦め、悲しみ、様々な感情がヒシヒ 小説を書くことしかできなかった少年。小説を書くことを選んだ少年。二人を導く創作に憑かれた少女。プロの作家を目指した少年少女たちの青春物語。小説を書くことへの情熱、喜び、諦め、悲しみ、様々な感情がヒシヒシと伝わってくる熱い作品で、とても面白かった。ブラボーと叫びたくなる終幕シーンでした。作家の思いを感じられるような読者になりたいものです。 …続きを読む
    芳樹
    2020年10月06日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品