氷菓(13) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年11月25日
商品形態:
電子書籍

氷菓(13)

  • 著者 タスクオーナ
  • 原作 米澤 穂信
  • キャラクター原案 西屋太志(京都アニメーション)
発売日:
2020年11月25日
商品形態:
電子書籍

二年生編突入!新入部員獲得を目指す古典部で、新たな出会いが事件を呼ぶ。

新入部員獲得のため、奉太郎とえるは「新勧祭」に繰り出した。 雑談の中で「製菓研」のテーブルに違和感を覚えたえる。 そこに新入生の「大日向友子」が現れ、三人で謎に迫っていくーーー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「氷菓(13)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そうか、それでラストにそういうメッセージがあるのか。前巻の12巻の発行が去年の5月。だから原作の米澤さんとタスクオーナさんにとっては、今回の13巻にどうしても書いておきたかったのか、と……。さてこの巻 そうか、それでラストにそういうメッセージがあるのか。前巻の12巻の発行が去年の5月。だから原作の米澤さんとタスクオーナさんにとっては、今回の13巻にどうしても書いておきたかったのか、と……。さてこの巻も途中から『二人の距離の概算』の話に切り替わる。原作を読んでから久しいので、大日向さんの登場時を忘れていたが、まるで『九マイルは遠すぎる』のようだ。こんなわずかな手がかりから、重要な結論が飛び出すとは。つくづく奉太郎を高校生にしておくのが、もったいなくなる。いよいよ2年生。小説の方も新作が早く読みたいものだ。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2020年11月24日
    52人がナイス!しています
  • ★★★★★そうか、あの忌まわしい事件後の初の単行本になるのか。ちょっとだけドキッとした。アニメで描かれた遠回りする雛が終わり、2年生編の二人の距離の概算。奉太郎がマラソンをしながら回想するという原作と ★★★★★そうか、あの忌まわしい事件後の初の単行本になるのか。ちょっとだけドキッとした。アニメで描かれた遠回りする雛が終わり、2年生編の二人の距離の概算。奉太郎がマラソンをしながら回想するという原作と同じ手法を取らなかったのは、マンガとして刊行されるスパンが長いからかな。原作を読んだのが随分と前になるので、新鮮な気持ちで読めた。 #ニコカド2020 …続きを読む
    わたー
    2020年11月25日
    28人がナイス!しています
  • 待望の新刊。 アニメがここから先はなかったのでコミカライズは無いのかもと思っていたけれど嬉しい誤算。 待望の新刊。 アニメがここから先はなかったのでコミカライズは無いのかもと思っていたけれど嬉しい誤算。
    ソラ
    2020年11月29日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品