機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年05月10日
商品形態:
電子書籍

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1)

  • 漫画 さびし うろあき
  • 原作 富野由悠季・矢立肇
発売日:
2021年05月10日
商品形態:
電子書籍

ハサウェイ・ノアは今、世界を敵に回す――。

宇宙世紀105年、秘密結社マフティーは腐敗した地球連邦政府に対して、粛清を宣言する。
次々と政府高官を粛清していくマフティー、そのリーダーであるマフティー・ナビーユ・エリンは、
かつてシャアの反乱で想い人クェスをその手に掛けた、ブライト・ノアの息子、ハサウェイ・ノアなのであった――。
富野由悠季著「ベルトーチカ・チルドレン」の続編として執筆された「閃光のハサウェイ」を漫画版ベルトーチカに続いてさびしうろあきがコミカライズ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そこはかとない暗さと閉塞感がある…。これがハサウェイの話なんだよなあ。 そこはかとない暗さと閉塞感がある…。これがハサウェイの話なんだよなあ。
    北白川にゃんこ
    2021年05月12日
    3人がナイス!しています
  • 配信中の劇場版冒頭パート辺りまで一巻に収録も、そもそも「マフティーって何?」ってところがいきなり描かれていて分かりやすい。劇場映画は、その辺を盛り上げていくつくりですが、月間連載だとこれが正解に思えま 配信中の劇場版冒頭パート辺りまで一巻に収録も、そもそも「マフティーって何?」ってところがいきなり描かれていて分かりやすい。劇場映画は、その辺を盛り上げていくつくりですが、月間連載だとこれが正解に思えます。人物・MS作画も問題なく、特に逆シャア(ベルチル)パートは気合入っててスゴいですね。MS戦を、回想として入れておく構成も良かったです。こうしてみると、顔も背負い込む性格も、本当ブライト譲りなんだなあ… https://gno.blog.jp/izumi/43809556.html …続きを読む
    愚者の楽園
    2021年05月12日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品