カラオケ行こ!

カラオケ行こ!

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
160
ISBN:
9784047361515
label

カラオケ行こ!

  • 著者 和山 やま
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2020年09月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
160
ISBN:
9784047361515

歌がうまなるコツ教えてくれへん?

合唱部部長の聡実はヤクザの狂児にからまれて歌のレッスンを頼まれる。
彼は、絶対に歌がうまくなりたい狂児に毎週拉致されて嫌々ながら
歌唱指導を行うが、やがてふたりの間には奇妙な友情が芽生えてきて……?
話題の作品が描き下ろしを加えて待望のコミックス化!!


[ 登場キャラクター紹介 ]

〇岡 聡実:
森丘中学校合唱部の部長。
とある悩みを抱えているのだが、なぜか狂児に歌を教えることに。
真面目だが毒舌な中学3年生。

【得意な歌】
教えません。


〇成田狂児:
四代目祭林組若頭補佐。
組長が主催するカラオケ大会の罰ゲームを回避するために歌がうまくなりたい39歳。

【得意な歌】



〇組長:
狂児の組の組長。
絶対音感がある。
1番好きなことはカラオケで、2番目に好きなことは刺青。

【得意な歌】
タイガー&ドラゴン
合唱部部長の聡実はヤクザの狂児にからまれて歌のレッスンを頼まれる。
彼は、絶対に歌がうまくなりたい狂児に毎週拉致されて嫌々ながら
歌唱指導を行うが、やがてふたりの間には奇妙な友情が芽生えてきて……?
話題の作品が描き下ろしを加えて待望のコミックス化!!


[ 登場キャラクター紹介 ]

〇岡 聡実:
森丘中学校合唱部の部長。
とある悩みを抱えているのだが、なぜか狂児に歌を教えることに。
真面目だが毒舌な中学3年生。

【得意な歌】
教えません。


〇成田狂児:
四代目祭林組若頭補佐。
組長が主催するカラオケ大会の罰ゲームを回避するために歌がうまくなりたい39歳。

【得意な歌】



〇組長:
狂児の組の組長。
絶対音感がある。
1番好きなことはカラオケで、2番目に好きなことは刺青。

【得意な歌】
タイガー&ドラゴン

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「カラオケ行こ!」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画化で話題だったので早く読みたかった漫画。和山さん作品なら絶対に面白いと踏んでましたが傑作でした。要所要所で笑いました。ボケとツッコミ両方シリアスで最高。狂児さん好きです。岡くんとの友情も素敵。こん 映画化で話題だったので早く読みたかった漫画。和山さん作品なら絶対に面白いと踏んでましたが傑作でした。要所要所で笑いました。ボケとツッコミ両方シリアスで最高。狂児さん好きです。岡くんとの友情も素敵。こんなストーリーよく思いつくなぁ。映画も気になってきました。狂児さんの名前の由来ややくざに入ったきっかけのエピソードも笑えました。 …続きを読む
    2024年01月26日
    259人がナイス!しています
  • ちょっと危険でとんでもなくいい男に惚れました、そして切れまくるギャグ、最高です!①なんといってもヤクザの狂児さんの色気、かっこ良さ、全てに対する余裕が突き抜けてます、BLファンもたくさん読むんだろうなあ ちょっと危険でとんでもなくいい男に惚れました、そして切れまくるギャグ、最高です!①なんといってもヤクザの狂児さんの色気、かっこ良さ、全てに対する余裕が突き抜けてます、BLファンもたくさん読むんだろうなあ。②ありえないシチュエーションにぶち込まれて翻弄、ぐずぐず言ってて情けない、なのになんか応援したくなる主人公聡実、彼も漢を魅せますねえ。③最後の描き下しがまた良い、作者の愛を感じます。④指(笑)。点数95/100→めちゃくちゃ面白い、しかしこの作者はもっと面白い作品描けるはずです、応援します~(^u^) …続きを読む
    猿吉君
    2021年07月15日
    168人がナイス!しています
  • 何故「カラオケ行こ!」になるかの設定が120%あり得ない。スベるかスベらないか、サーカスの綱渡りのような絶妙なバランスの笑いのツボ。そして笑っているうちにはた、と気づくのである。この、弱虫なんだか勇敢なんだ 何故「カラオケ行こ!」になるかの設定が120%あり得ない。スベるかスベらないか、サーカスの綱渡りのような絶妙なバランスの笑いのツボ。そして笑っているうちにはた、と気づくのである。この、弱虫なんだか勇敢なんだか捨て身なんだかおそらく、主人公本人にもわかってない純粋で一途な思い。それに思わず涙目になっている自分に。衝撃の結末!と思わせてからの大笑いのオチがたまらない。前日譚的な書き下ろしのラストのセリフが…そもそも、あんたかい!和山やまにはまってもう抜け出せない。 …続きを読む
    みっちゃん
    2021年05月27日
    160人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品