僕たちにデスゲームが必要な理由

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049132267

僕たちにデスゲームが必要な理由

  • 著者 持田 冥介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049132267

衝撃と感動の問題作、第26回電撃小説大賞「隠し玉」デビュー!

生きづらさを抱える水森陽向は、真夜中、不思議な声に呼ばれ、辿りついた夜の公園で、衝撃の光景に目を見張る――そこでは十代の子ども達が、壮絶な殺し合いを繰り広げていた。
夜の公園では、殺されても生き返ること。ここに集まるのは、現実世界に馴染めない子ども達であることを、陽向は知る。夜の公園とは。彼らはなぜ殺し合うのか。
殺し合いを通し、陽向はやがて、彼らの悩みと葛藤、そして自分の心の闇をあぶりだしていく――。

「生きること」を問いかける衝撃の青春小説に、佐野徹夜、松村涼哉、大絶賛!!
衝撃と感動の問題作、第26回電撃小説大賞「隠し玉」デビュー。

●大推薦の声!!●
「研ぎ澄まされた、直球の青春小説。殺し合いの中で、少年少女は胸に秘めた苦悩と葛藤と相対する。ぶつかり合うことを忘れた人々へ。僕たちにはこの物語が必要だ」――松村涼哉(『15歳のテロリスト』著者)
「多くの人にとってこれは、全く見たことのない刺激的で残酷な場所だ。でもある種の人にとっては、初めて見るはずなのに、かつて何度も訪れたことがある場所のように感じられる。だからそういう人は、この本を読むと不思議な感覚に襲われることになる。自分もかつて、ここで誰かと夜な夜な会っていた気がしてくるから不思議だ。ただ、きっとどんな人が読んでも、この壊れ方は気持ち良く感じられると思う。この作品の壊れ方が、僕は好きです」――佐野徹夜(『君は月夜に光り輝く』著者)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕たちにデスゲームが必要な理由」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第26回電撃小説大賞の隠し玉、だそうです。生きづらさを抱えた子どもたちをテーマにした、ダークファンタジー風味の青春もの。登場人物たちの思いが殺し合いにつながるのが今一つわかりにくかったけど、描写の巧さ 第26回電撃小説大賞の隠し玉、だそうです。生きづらさを抱えた子どもたちをテーマにした、ダークファンタジー風味の青春もの。登場人物たちの思いが殺し合いにつながるのが今一つわかりにくかったけど、描写の巧さにぐいぐい引き込まれてしまいました。次作が楽しみな作家さんです。電撃文庫かメディアワークス文庫、どちらから出すかで迷ったんじゃないかなぁ…。あと、作者さんのあとがきに、新型コロナの影響が出てるのに、ドキッとしました。 …続きを読む
    Ammie as 妹子⛪
    2020年09月04日
    49人がナイス!しています
  • 複雑化していく世の中、こどもたちの悩み、大人になる、鬱屈、閉塞感、溜まり場、吐き出せる居場所を。描写力の高さからか読んでいて心地よかったです。 複雑化していく世の中、こどもたちの悩み、大人になる、鬱屈、閉塞感、溜まり場、吐き出せる居場所を。描写力の高さからか読んでいて心地よかったです。
    真鍋
    2020年09月01日
    23人がナイス!しています
  • 生きづらさを抱えた十代の少年少女は真夜中の公園で殺し合う(殺されても生き返るし、バトルロイヤルでもない)。そこに招かれた水森陽向(高2男子)は他の子達と殺し合いながら(昼間はちょっとずつ話しながら)、 生きづらさを抱えた十代の少年少女は真夜中の公園で殺し合う(殺されても生き返るし、バトルロイヤルでもない)。そこに招かれた水森陽向(高2男子)は他の子達と殺し合いながら(昼間はちょっとずつ話しながら)、相手と自分の心の闇、抱えている現実の問題、そして「真夜中の公園」システムそのものと向き合う。改稿を重ねた割にツッコミどころが多々あるけど、そこは「勢い優先」ということで見逃そう。それはそうと、水森陽向の武器って登録商標だよね(笑)。 …続きを読む
    エディ
    2020年10月01日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品