試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041095775

氷上のフェニックス

  • 著者 小宮 良之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041095775

高橋大輔、宇野昌磨らを取材してきた著者が描く、フィギュアスケート小説。

2018年、高橋大輔選手の復活ルポ取材をしました。
これまでも「復活」をかけて挑む競技者の物語を多く描いてきましたが、
高橋選手の戦いは火花が出るようで眩しく――。
「この熱を凝縮させ、もう一つの物語を創りたい」。その着想が、今回の小説作品につながりました。
氷上での戦いを巡り、懸命になる選手たちの姿に声援を送ってもらえたら、書き手冥利に尽きます。
                                                  ――小宮良之
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「氷上のフェニックス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者はフィギュアスケートの取材経験があるノンフィクションライターということで、細かい箇所の説明に説得力がある。このキャラの元ネタはあの選手かな、などと想像しながら読むのも楽しい。氷上では軽やかに滑って 著者はフィギュアスケートの取材経験があるノンフィクションライターということで、細かい箇所の説明に説得力がある。このキャラの元ネタはあの選手かな、などと想像しながら読むのも楽しい。氷上では軽やかに滑っている選手たちだが、ファンが想像している以上に犠牲にしているものも大きい。先日のテレビ中継を見ながら読んでいたら、彼らが背負うものの重さに涙が出そうになってしまった。 #ニコカド2020 …続きを読む
    佐島楓
    2020年12月28日
    69人がナイス!しています
  • スポーツ記者だった著者がフィギュア男子、髙橋大輔、宇野昌磨等を取材した経験からできた小説と言う事前の広告(と言うかTwitter)を見て楽しみに仕事帰りに書店梯子で購入。主人公も幼なじみライバルも岡山 スポーツ記者だった著者がフィギュア男子、髙橋大輔、宇野昌磨等を取材した経験からできた小説と言う事前の広告(と言うかTwitter)を見て楽しみに仕事帰りに書店梯子で購入。主人公も幼なじみライバルも岡山で読者は大輔くんを連想仕勝ちだが、小説なので当然何人かのキャラに分割して現れる。ある意味愚直な主人公とライバル幼馴染の関係も、家族、コーチ、先輩、後輩とどう影響しあうか描かれていて(全日本で中断しつつ)読んでしまった。終わりかたは今年の年の瀬にこれ以外はなかったかも。 …続きを読む
    Koning
    2020年12月27日
    53人がナイス!しています
  • 素晴らしい才能だ。すきでいること、すきなもののために努力を惜しまず、その努力を苦労と思わないこと。リンクをともにするライバルたちは同志であり、お互い高め合うかけがえのないなかまたち。行き交う感情も潔く 素晴らしい才能だ。すきでいること、すきなもののために努力を惜しまず、その努力を苦労と思わないこと。リンクをともにするライバルたちは同志であり、お互い高め合うかけがえのないなかまたち。行き交う感情も潔くて気持ちよかった。 …続きを読む
    Mumiu
    2021年03月28日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品