海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声

海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年03月24日
商品形態:
電子書籍

海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声

  • 著者 雨宮 周
発売日:
2020年03月24日
商品形態:
電子書籍

第5回角川文庫キャラクター小説大賞《大賞》作!やさぐれ弁護士×天才少女

弁護士・海棠忍は、しがない法律事務所で依頼に振り回される日々を送っている。
最大の悩みは、自らが後見人をつとめる十五歳の少女、黒澤瑞葉。
ずば抜けて聡明なのだが、事務所に入り浸って事件に首を突っ込もうとするのだ。

ある日、小学6年生の杉浦涼太が事務所を訪れ、三年前に事故死した祖父の遺品を取り戻してほしいと依頼する。
幼い記憶ではあるが、祖父は最も大切にしていた黒猫の絵を「自分が死んだら涼太に贈る」と約束していたはずで――?


【登場人物】
▼海棠忍:町の小さな法律事務所の主。目下の悩みは、自らが後見を務める少女・瑞葉が依頼に首を突っ込みたがること。数年前まで大手事務所で熱意ある仕事をしていたようだが……。
▼黒澤瑞葉:高名な推理小説作家の娘。十五歳にして大人顔負けの知識を持ち、高校入学を拒否する。事件に興味深々だが、事務所に出入りする理由は他にもあるようだ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「海棠弁護士の事件記録 消えた絵画と死者の声」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 物語の流れがとても分かりやすくて、結末まで釘付けにされました。熱意が冷めてしまった弁護士・海棠とミステリ好きの後見人・瑞葉の2人が言い合いになりながらも真実を見つけるというもの。キャラの魅力もありまし 物語の流れがとても分かりやすくて、結末まで釘付けにされました。熱意が冷めてしまった弁護士・海棠とミステリ好きの後見人・瑞葉の2人が言い合いになりながらも真実を見つけるというもの。キャラの魅力もありました。そして、作品の随所に法律の事が説明されていて分かりやすかったです。楽しみなシリーズになっていきそうです。 …続きを読む
    ツバサ
    2020年03月28日
    7人がナイス!しています
  • キャラクター小説大賞と言う割にはキャラが立ってないし、説明が多く固い文章。ストーリー展開には丁寧さがあるが期待していたものではなかった。 キャラクター小説大賞と言う割にはキャラが立ってないし、説明が多く固い文章。ストーリー展開には丁寧さがあるが期待していたものではなかった。
    leo18
    2020年04月05日
    6人がナイス!しています
  • ミステリー特有の文章のワクワク感と、キャラクターの魅力の美味しいとこ取りで、ど真ん中だった。説明の丁寧さに優しさを感じる。続編が楽しみ! ミステリー特有の文章のワクワク感と、キャラクターの魅力の美味しいとこ取りで、ど真ん中だった。説明の丁寧さに優しさを感じる。続編が楽しみ!
    はやし
    2020年04月08日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品