子どもを叱りつける親は失格ですか?

子どもを叱りつける親は失格ですか? 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年04月16日
商品形態:
電子書籍

子どもを叱りつける親は失格ですか?

  • 著者 アベナオミ
  • 監修 小川 大介
発売日:
2020年04月16日
商品形態:
電子書籍

子どもが変わる! 怒ってばかりの毎日から必ず抜け出せる!

「気がつけば1日中子どもに怒っている。」「私って母親に向いてない…」「叩いてしまった…でも言ってもダメならどうすればいいの?」
誰にも言えない「怒りの連鎖」に悩むママと、その子どもたちも必ず変われます―

イラストレーターのアベナオミさんは小4の長男、4歳の次男、1歳の長女の3児のママ。目下の悩みは子どもの叱り方。怒らないようにしなければ…と思っても疲れていたり、仕事が切羽詰まっていると気持ちの余裕がなくなり怒りが爆発。気がつけば怒りがどんどん湧いてきて30分以上叱り続けることも…。
本書は、そんな子どもを大切に思っているのに自分の気持ちをコントロールできず、さらに叱った自分を責めて落ち込む日々を過ごすママ・パパのためのコミックエッセイです。

監修の小川大介氏は、教育専門家、中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員として、6000回を超える家庭と面談をしてきました。
その中で気づいたのは、自らの好奇心を親に認められて見守られて育った子どもは、親が叱って追いたてずとも自ら学び、成長する子に育つということ。
本書では著者の実体験とコーチング・心理学の知見を踏まえ、「叱る」悩みから解放される子育て法を紹介します。

「褒める」=「叱る」は同じこと。なぜなら「子どもが大事」「子どもには失敗をさせたくない」という根っこの気持ちが同じだから。といった考え方から、「子どもがスーパーのお菓子売り場で買って! と泣き暴れたら」「いつまでもぼんやりテレビを見ていたら」「宿題をしていないのに、していると嘘をついたら」「習い事をやめたいと言い出したら」…といった、場面ごとの対応まで。読んですぐに実践し、親子で変われるヒントが満載!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「子どもを叱りつける親は失格ですか?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 叱らないと駄目な場合もあるけど、叱り方って大事だよなぁ。我が身を顧みて反省する部分もありました。話したいと思った時に、子育てのあれこれを話せる場があるのも重要ですね。 叱らないと駄目な場合もあるけど、叱り方って大事だよなぁ。我が身を顧みて反省する部分もありました。話したいと思った時に、子育てのあれこれを話せる場があるのも重要ですね。
    プンヴァ
    2022年05月09日
    14人がナイス!しています
  • コミックエッセイ。子育ての本を出版している先生に悩み相談する形で叱ってしまう親の心理を分析、アドバイスしている。怒り疲れる日々を送る自分としてはかなり心を軽くして貰った。自分が怒る理由を冷静に考えてみ コミックエッセイ。子育ての本を出版している先生に悩み相談する形で叱ってしまう親の心理を分析、アドバイスしている。怒り疲れる日々を送る自分としてはかなり心を軽くして貰った。自分が怒る理由を冷静に考えてみたり、客観的に怒ってる所を振り返ってみたり等々、これからやってみようと思える部分が多かった。とにかく怒ってしまう親を一旦肯定してくれたのは大きい。読んで好かった。 …続きを読む
    ヒヨドリスキ
    2020年05月17日
    4人がナイス!しています
  • 先日、ブチッと切れて声を荒げ、メンタルがぐちゃぐちゃに崩れているときに衝動買い。結局、ポイント自体は今まで読んだ本と大きく変わらないかなと思う。まずは共感してみる、些細なことでもできていることに着目し 先日、ブチッと切れて声を荒げ、メンタルがぐちゃぐちゃに崩れているときに衝動買い。結局、ポイント自体は今まで読んだ本と大きく変わらないかなと思う。まずは共感してみる、些細なことでもできていることに着目してみる等は共通。怒ってしまう理由も褒める理由も根っこは子どもへの愛情であること、怒りすぎたときはきちんと謝ること、というのは、メンタルボッコボコ状態が慰められた。また、「他のお母さんはきっとちゃんとできている」という気持ちがあったからアベナオミさんの率直な悩みに、自分だけじゃない、と思えた。(続きは昼休み) …続きを読む
    まるみ
    2020年11月06日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品