小説 アナと雪の女王

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784041088869

小説 アナと雪の女王

  • 監修 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 翻訳 越前 敏弥
  • 翻訳 ないとう ふみこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784041088869

あの「アナと雪の女王」を角川文庫で読むーー。

触れるものすべてを凍らせる秘密の力を持つ女王エルサは、その力を制御できず、真夏のはずの王家を冬の世界に変えてしまう。妹アナは逃亡したエルサと王国を救うため、雪山の奥深くへと旅にでるのだが……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「小説 アナと雪の女王」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画を思い浮かべながら読んだ。 映画を思い浮かべながら読んだ。
    *ふうか*
    2020年02月07日
    4人がナイス!しています
  • 竹書房文庫版と比べると細かい描写が省かれていて、かなりサクッと読める感じになってる。 竹書房版は翻訳じゃなくてノベライズとなっているけど、細部で同じ表現が使われているので原本は同じものっぽい。 映画館 竹書房文庫版と比べると細かい描写が省かれていて、かなりサクッと読める感じになってる。 竹書房版は翻訳じゃなくてノベライズとなっているけど、細部で同じ表現が使われているので原本は同じものっぽい。 映画館で一度見たきりだけど、6年経った今も映像が浮かんでくるのがさすがディズニー。 …続きを読む
    マコト
    2020年01月19日
    1人がナイス!しています
  • ディズニーの大ヒット映画のノベライズ版。読んでいると映画での場面や歌が鮮明に思い浮かび、映画版では明言されない登場人物たちの細かな心理描写もあり映画を見ていても大変満足できる作品。文体はあっさりしてい ディズニーの大ヒット映画のノベライズ版。読んでいると映画での場面や歌が鮮明に思い浮かび、映画版では明言されない登場人物たちの細かな心理描写もあり映画を見ていても大変満足できる作品。文体はあっさりしていてページ数も多くないのですぐに読めるが、もう少し描写が細かくてもいいのになあ。神田沙也加さんのこともありアナの挙動一つ一つで泣いてしまう。気持ちが落ち着かないのでまだ映画は観れないけれど、姉妹の不器用で美しい再生の物語は、これからも何度でも観返して読み返したい。 …続きを読む
    shiosato_1128
    2022年01月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品