カビの取扱説明書

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784044005481

カビの取扱説明書

  • 著者 浜田 信夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年06月12日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784044005481

食べるカビやスマホのカビなど、実は個性豊かな面々を楽しく紹介!

(目次)
はじめに

第一章 食べるカビが大ブーム
第二章 カビの正体
第三章 思わぬところに生えるカビ
第四章 冷蔵庫・エアコン・洗濯機
第五章 石灰岩帯と山火事の後
第六章 カビは体にどのくらい悪いのか
第七章 人とカビの闘い

あとがき

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「カビの取扱説明書」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最近、窓の木目や本(本当に申し訳ない・・・)に黴を見つけ、ショックを受けると同時に「黴って何だ?」と思っていた所、この本を見つけました。金管楽器などの金属に生える黴は結露などを考えると納得するが、まさ 最近、窓の木目や本(本当に申し訳ない・・・)に黴を見つけ、ショックを受けると同時に「黴って何だ?」と思っていた所、この本を見つけました。金管楽器などの金属に生える黴は結露などを考えると納得するが、まさか、冬のスマホケース内やフローリングも黴が生えるなんて!特にラスコーの壁画の黴問題の原因に泣き笑い状態になりました。また、浜田信夫氏のカビ研究エピソードも中々、面白いのだ。火山灰に生えるカビを研究しようとして全身、真っ黒になって採取したのにアカパンカビ(生命力が凄いカビ)だったエピソード、お疲れ様です(笑) …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2020年08月05日
    88人がナイス!しています
  • 著者が黴について楽しく語っているラジオ番組を拝聴したので、本書を借りてみた。現代の素人の考えでは黴は厄介者でしかないが、家電が普及する前は人間にとって黴は悪友のようなものだったそうだ。有毒で体に害があ 著者が黴について楽しく語っているラジオ番組を拝聴したので、本書を借りてみた。現代の素人の考えでは黴は厄介者でしかないが、家電が普及する前は人間にとって黴は悪友のようなものだったそうだ。有毒で体に害がある種類はそれほど多くないし、美味しいチーズやキノコ類の存在もあるほど多種多様。もし床上浸水被害に遭ったとしても、半年しっかり換気すれば柱の黴は死滅するから、住むのに問題はない。生活に密着した有毒黴についての理解を深めてこまめに掃除をすれば、黴と共存するという考え方ができる。覚えきれないが、かなり勉強になった。 …続きを読む
    どぶねずみ
    2020年09月05日
    34人がナイス!しています
  • キノコに麹に、細菌とカビの学術的な違いから、浴槽等で日常的に見かけるものや、文化財に生えるカビとその戦いなど、カビに関する雑学やエピソードが多彩で、とても興味深く面白い本でした。あまりにも多彩なので感 キノコに麹に、細菌とカビの学術的な違いから、浴槽等で日常的に見かけるものや、文化財に生えるカビとその戦いなど、カビに関する雑学やエピソードが多彩で、とても興味深く面白い本でした。あまりにも多彩なので感想を書きづらい。航空機のアレすら栄養にするとか、人間の科学や知恵なんて大したことないよねと思ったりしました。それでも、紹介されている正倉院に込められた知恵は素晴らしいと思う …続きを読む
    ame
    2020年08月31日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品