欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044005344

欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活

  • 著者 石川 榮吉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044005344

好奇・礼賛・蔑視・敬愛。「東洋の神秘」は、異邦人にどう映ったのか。

ケンぺル、イザベラ・バード、モース、シーボルトほか、幕末・明治期に訪日した欧米人たちは豊富な記録を遺している。「日本には音楽が無い」「男女混浴は破廉恥」「刺身はうまい」「日本の枕はまるで拷問」――。彼・彼女らが好奇・蔑視・賛美などの視点で綴った滞在記や研究誌を広く集め、庶民たちの当時の暮らしを活写。著名な日本滞在記の読みどころも一冊でつかめる、人類学の巨人が「異文化理解」の本質に迫った比較文明論。

もくじ

第1章 日本人の容姿/第2章 花の命は短くて/第3章 破廉恥な日本人/第4章 男尊女卑のうらおもて/第5章 庶民の服装/第6章 庶民の飲食/第7章 簡素な庶民の生活/第8章 矛盾だらけの日本人/第9章 印象あれこれ


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 開国期に日本に来た西洋人が書いた書物を纏めたもの。現代の日本人の感覚はすでに西洋人に近くなったいるかも。風呂が混浴だったことは知っていたが、男女とも、近くの人は裸のまま家に帰るとか、裸でいることは恥ず 開国期に日本に来た西洋人が書いた書物を纏めたもの。現代の日本人の感覚はすでに西洋人に近くなったいるかも。風呂が混浴だったことは知っていたが、男女とも、近くの人は裸のまま家に帰るとか、裸でいることは恥ずかしいことではなかったとか、結構なカルチャーショックである。「野蛮」とは何か、「文明」とは何か。今我々が未開人と思ってる人たちも、我々に理解できないだけで、独自の文化があるのかもと思ってしまう。この時期でも、刺し身と絵画と庭園は評判が良かったらしい。 …続きを読む
    hal
    2019年12月05日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品