クレイジー・キッチン 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年10月10日
商品形態:
電子書籍

クレイジー・キッチン

  • 著者 荻原 数馬
  • イラスト ジョンディー
発売日:
2019年10月10日
商品形態:
電子書籍

俺は俺が食べる最高の料理を作りてぇんだよ――伝説的キッチンコメディ!

最高の料理の腕を自負し、自らが作る最高の料理を自分が食べるためだけに使いたい三十路過ぎの洋食屋・洋二。彼の日常は、濃すぎる常連客と従業員や料理仲間たちに囲まれ――なぜこんなことばかり起こる!?
※本作品の電子版には本編終了後にカドカワBOOKS『君は死ねない灰かぶりの魔女』(著:ハイヌミ)のお試し版が収録されています。

メディアミックス情報

NEWS

「クレイジー・キッチン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • WEB上で連載していた作品は恐らく読んでいたのだろう。とても懐かしく楽しい気分になった。イカれた登場人物たちの軽快な会話が素敵。なんだかんだで矜持を持ってる主人公が好きだ。……コロッケ食いてぇな。 WEB上で連載していた作品は恐らく読んでいたのだろう。とても懐かしく楽しい気分になった。イカれた登場人物たちの軽快な会話が素敵。なんだかんだで矜持を持ってる主人公が好きだ。……コロッケ食いてぇな。
    サケ太
    2019年10月11日
    23人がナイス!しています
  • キッチンや◯ないOのラノベ化、作者はそのままといえば古のネット住民は心踊るのではないでしょうか。読むとおなかが減り料理したくなる。料理人が主人公なので食事シーンは最小限で、なのに食材や調理の様子はしっ キッチンや◯ないOのラノベ化、作者はそのままといえば古のネット住民は心踊るのではないでしょうか。読むとおなかが減り料理したくなる。料理人が主人公なので食事シーンは最小限で、なのに食材や調理の様子はしっかりと書かれるものだから味が想像できてしまう、他の料理小説と一線を画している一冊。おかわり(2巻目)はよ …続きを読む
    小早敷彰良
    2019年10月14日
    22人がナイス!しています
  • 自分の作った料理を客に食わせたい。自分で作った料理を自ら食べたいと相反する業を抱える主人公を筆頭にクレイジーなキャラ達が織り成す料理コメディー。最初は店主の日野洋二だけがおかしな奴かと思っていたが話が 自分の作った料理を客に食わせたい。自分で作った料理を自ら食べたいと相反する業を抱える主人公を筆頭にクレイジーなキャラ達が織り成す料理コメディー。最初は店主の日野洋二だけがおかしな奴かと思っていたが話が進んでいくにつれどんどん感染していく様が面白かったし、出てくる料理が妙に食べたくなってくるという飯テロ本だったな。インスタ映えが流行っている世の中にここまでとは言わんが、こういう自身の信念を貫く店主が増えても良いんではないかな?と思ったり。このクレイジーさが気に入ったので続刊読みたいな。 …続きを読む
    アウル
    2019年10月11日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品