本と踊れば恋をする 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

本と踊れば恋をする

  • 著者 石川 智健
発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

人気作家書下ろし! 本を愛するすべての人に送りたい、ビブリオ・ミステリ

十屋龍之介は、高校生ながら、古書を見極め販売する「セドリ」。ある日、たまたま見つけた古書店で、和洋折衷の服装をした謎めいた男、朝香裕也から、いきなり「お前が盗んだのか?」と問われ……?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「本と踊れば恋をする」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【……本を読むということは、本と踊ること(十屋)】セドリ師のDK、贋作師の古書店の店主、古書探偵の女性。奇妙な3人のキャラが紡ぐビブリオ・ミステリ。セドリ師の十屋が朝香の盗まれた贋作本を探す過程で父親 【……本を読むということは、本と踊ること(十屋)】セドリ師のDK、贋作師の古書店の店主、古書探偵の女性。奇妙な3人のキャラが紡ぐビブリオ・ミステリ。セドリ師の十屋が朝香の盗まれた贋作本を探す過程で父親のことやストーカーの捜索、本にメッセージを遺した人物の特定といった出来事に巻き込まれ、本を金銭目的としか見なしていなかった彼が初めて本と向き合う作品。とても心に響くエピソードの数々で、読書=本と踊る、の意味を知ったとき妙に納得がいきました。また、P174のエリオットの本に書かれた言葉にもとても共感しました。 …続きを読む
    禍腐渦狂紳士タッキー(ウロボロス)
    2019年12月15日
    100人がナイス!しています
  • キャラクター性を前面に押し出した小説でもなく、かといってガチガチのミステリでもなく。不思議な浮遊感のようなものがあった。 キャラクター性を前面に押し出した小説でもなく、かといってガチガチのミステリでもなく。不思議な浮遊感のようなものがあった。
    佐島楓@執筆中
    2019年12月02日
    62人がナイス!しています
  • 子どもや女性に辛辣で容赦ない愛想の悪い大人が出てくる本に近頃よく出会す気がするんですが、流行りなのかしら?でも表面は愛想が良くて腹に一物の悪い大人よりなんぼかマシですね。朝香は態度は最悪でも意外と面倒 子どもや女性に辛辣で容赦ない愛想の悪い大人が出てくる本に近頃よく出会す気がするんですが、流行りなのかしら?でも表面は愛想が良くて腹に一物の悪い大人よりなんぼかマシですね。朝香は態度は最悪でも意外と面倒見もいいしね😅本筋の朝香が盗まれた本の回収が遅々として進まず、朝香、吟子、十屋の3人とも親との微妙な関係の全ては明らかにならず解決もしてないから まだまだ先が長そう…かな? …続きを読む
    hirune
    2020年03月24日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品