本と踊れば恋をする 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

本と踊れば恋をする

  • 著者 石川 智健
発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

人気作家書下ろし! 本を愛するすべての人に送りたい、ビブリオ・ミステリ

十屋龍之介は、高校生ながら、古書を見極め販売する「セドリ」。ある日、たまたま見つけた古書店で、和洋折衷の服装をした謎めいた男、朝香裕也から、いきなり「お前が盗んだのか?」と問われ……?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「本と踊れば恋をする」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【……本を読むということは、本と踊ること(十屋)】セドリ師のDK、贋作師の古書店の店主、古書探偵の女性。奇妙な3人のキャラが紡ぐビブリオ・ミステリ。セドリ師の十屋が朝香の盗まれた贋作本を探す過程で父親 【……本を読むということは、本と踊ること(十屋)】セドリ師のDK、贋作師の古書店の店主、古書探偵の女性。奇妙な3人のキャラが紡ぐビブリオ・ミステリ。セドリ師の十屋が朝香の盗まれた贋作本を探す過程で父親のことやストーカーの捜索、本にメッセージを遺した人物の特定といった出来事に巻き込まれ、本を金銭目的としか見なしていなかった彼が初めて本と向き合う作品。とても心に響くエピソードの数々で、読書=本と踊る、の意味を知ったとき妙に納得がいきました。また、P174のエリオットの本に書かれた言葉にもとても共感しました。 …続きを読む
    禍腐渦狂紳士タッキー(言峰綺礼)
    2019年12月15日
    90人がナイス!しています
  • キャラクター性を前面に押し出した小説でもなく、かといってガチガチのミステリでもなく。不思議な浮遊感のようなものがあった。 キャラクター性を前面に押し出した小説でもなく、かといってガチガチのミステリでもなく。不思議な浮遊感のようなものがあった。
    佐島楓@勉強中
    2019年12月02日
    61人がナイス!しています
  • 母子家庭で高校がバイト禁止ため、父の遺した蔵書で「セドリ」を始めた十屋龍之介。多摩川沿いの古書店を訪ねた彼が、朝香が作製した贋作本探しを手伝うことになるビブリオ・ミステリ。店主。朝香の依頼で本の探偵・ 母子家庭で高校がバイト禁止ため、父の遺した蔵書で「セドリ」を始めた十屋龍之介。多摩川沿いの古書店を訪ねた彼が、朝香が作製した贋作本探しを手伝うことになるビブリオ・ミステリ。店主。朝香の依頼で本の探偵・吟子とともに贋作本探しを始めた龍之介が遭遇する、彼の父親がいない理由、ネットで出品された贋作本の真相、謎の句読点の落書き。この手の本にしてはあっさりとした読みやすさがやや意外でしたが、残された本を通じて見えてくる何とも複雑な心情と、抱えているものがありそうな登場人物たちのその後をまた読んでみたいと思いました。 …続きを読む
    よっち
    2019年12月14日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品