Fate/Apocrypha Vol.5 「邪竜と聖女」

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041085387

Fate/Apocrypha Vol.5 「邪竜と聖女」

  • 著者 東出 祐一郎
  • 原作 TYPE-MOON
  • イラスト 近衛 乙嗣
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
512
ISBN:
9784041085387

聖杯大戦、遂に完結

“黒”のサーヴァントと“赤”のサーヴァントが遂に激突。最後の戦いの中、天草四郎時貞とジャンヌ・ダルク、二人の互いに譲れぬ想いが交錯し、物語は終局に向け加速していく。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Fate/Apocrypha Vol.5 「邪竜と聖女」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 外典、完結。人を信じないのは簡単で、人を信じるのはとても難しい。人の中には善性もあれば同じくらいの悪性だってある。地位を欲望する。名誉を欲望する。富を欲望する。性を欲望する。欲望せずには/願わずにはい 外典、完結。人を信じないのは簡単で、人を信じるのはとても難しい。人の中には善性もあれば同じくらいの悪性だってある。地位を欲望する。名誉を欲望する。富を欲望する。性を欲望する。欲望せずには/願わずにはいられない、惰弱でいて強かな生命。故にこそ、その欲望するという行為の輝きを信じたい――。そう、思ったのである。 …続きを読む
    真倉流留
    2020年03月25日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品