Fate/Apocrypha Vol.2 「黒の輪舞/赤の祭典」

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041085356

Fate/Apocrypha Vol.2 「黒の輪舞/赤の祭典」

  • 著者 東出 祐一郎
  • 原作 TYPE-MOON
  • イラスト 近衛 乙嗣
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041085356

“黒”と“赤”の軍勢、遂に全面対決――!

“黒”のセイバー消滅という衝撃も覚めやらぬまま、“黒”と“赤”の陣営は次なる戦いへと突入。戦場に集う両陣営、十三騎の英霊。ルーマニアの地にて、過去最大規模の“聖杯大戦”の戦端が開かれる

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Fate/Apocrypha Vol.2 「黒の輪舞/赤の祭典」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。前巻ラスト、黒のセイバー・ジークフリートがホムンクルスを救うために心臓を与え、消滅。一方で、赤のバーサーカーは囚われ、黒の陣営の尖兵として使われ、圧倒的な差というものはないまま、両陣営が激突 図書館本。前巻ラスト、黒のセイバー・ジークフリートがホムンクルスを救うために心臓を与え、消滅。一方で、赤のバーサーカーは囚われ、黒の陣営の尖兵として使われ、圧倒的な差というものはないまま、両陣営が激突します。1巻も2巻も結構厚かったですが、この巻までで、アニメだと約半分の話数までいってます。不穏な動きをしていたシロウ・コトミネの正体が明らかになり、次以降は単純な黒VS赤とはなっていきません。 今巻は、黒のバーサーカー・フランちゃんに涙しました。 …続きを読む
    緋莢
    2020年03月07日
    12人がナイス!しています
  • ルーラーが二人、それも、英霊で、マスター。謎が、謎を呼ぶ、というか、ちょっと珍しく読むのに苦戦した。 月姫しりーずを知らない人はいきなりここから手を出すことはないだろうけど。3か月連続刊行して完結する ルーラーが二人、それも、英霊で、マスター。謎が、謎を呼ぶ、というか、ちょっと珍しく読むのに苦戦した。 月姫しりーずを知らない人はいきなりここから手を出すことはないだろうけど。3か月連続刊行して完結するらしいから、安心して読める。 …続きを読む
    みどり
    2019年11月29日
    5人がナイス!しています
  • 話が進み始めた感じ。ルーラーの勘違いがずっと続いているのは面白い。やはりアニメのみでは分からない部分が見えてくるのは楽しい。 話が進み始めた感じ。ルーラーの勘違いがずっと続いているのは面白い。やはりアニメのみでは分からない部分が見えてくるのは楽しい。
    HANA
    2020年04月30日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品