ローマ法王 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年10月24日
商品形態:
電子書籍

ローマ法王

  • 著者 竹下 節子
発売日:
2019年10月24日
商品形態:
電子書籍

国際政治・外交・平和のキーパーソンであるローマ法王。その歴史と現在。

ヴァティカンは面積こそ最小だが、12億人以上のカトリック教徒を擁し、政治・外交・平和に影響力を持つ。その頂点に立つローマ法王の歴史と現在を辿る。近代オリンピックも、冷戦終結の端緒・ポーランド民主化も、実現させたのは法王とカトリックのネットワークだった。法王の日々の仕事、各国訪問の理由、現代の価値観への対応を読み解く。西洋文化の根底にあるカトリック文化を知り、国際社会をより深く理解できる快著。第266代法王フランシスコについても紹介。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ローマ法王」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 近現代ヴァチカンの変遷について。近代国民国家形成(ラテラノ条約)によって領域国家の体制を失ったからこそ、宗教が備える超国家的な次元で、ローマ教皇の活動がむしろ普遍性を発揮したという理解です。その典型で 近現代ヴァチカンの変遷について。近代国民国家形成(ラテラノ条約)によって領域国家の体制を失ったからこそ、宗教が備える超国家的な次元で、ローマ教皇の活動がむしろ普遍性を発揮したという理解です。その典型でありモデルとして、ヨハネ・パウロ2世の事績が熱く語られる。ただその評価ですが、教皇の言動が現代的価値観と合致すれば「革新的」とされ、教皇が保守反動的な姿勢を出せば、それと競合する中で現代社会の価値観や言説が磨かれていくという、どっちにせよ教皇は無謬なのだという話になっていませんか。 …続きを読む
    chang_ume
    2020年02月24日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品