茶室学講義 日本の極小空間の謎 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

茶室学講義 日本の極小空間の謎

  • 著者 藤森 照信
発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

二畳という極小の建築に、利休はすべてを封じこめた

利休の「待庵」は二畳に土壁と炉のある、建築の極小単位だった。茶室の起源から建築家による現代の茶室までを辿り、自らも茶室を手がけ、藤森流茶室論を語る。最終章に磯崎新との茶室談義を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「茶室学講義 日本の極小空間の謎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前半は茶室のはじまりから利休(詳しく)や利休亡き後の織部などについて、後半は建築家の茶室などと磯崎新との対談。出だしから茶室の話でも日本茶の話でもなく紅茶の4時間に及ぶアフタヌーンティーの話から始まる 前半は茶室のはじまりから利休(詳しく)や利休亡き後の織部などについて、後半は建築家の茶室などと磯崎新との対談。出だしから茶室の話でも日本茶の話でもなく紅茶の4時間に及ぶアフタヌーンティーの話から始まる辺りが藤森流!利休については茶の世界でよく言われていた「一座建立」ではなく「一期一会」を大切にした結果、二畳の茶室にたどり着いたのだろう。建築家の茶室では武田吾一の「マッキントッシュやウィーン・セセッションの特徴は・・・明らかに茶室に通底する・・・」という考察も見事。 …続きを読む
    コットン
    2019年12月25日
    63人がナイス!しています
  • ★★★ ★★★
    Tetsuji Yamaguchi
    2020年01月06日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品