炙り鮎 内藤新宿〈夜中屋〉酒肴帖

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041084472

炙り鮎 内藤新宿〈夜中屋〉酒肴帖

  • 著者 新美 健
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041084472

ここは、実在した夜中の居酒屋

江戸時代、内藤新宿で一晩中営業する居酒屋〈夜中屋〉には、さまざまな人々が集う。ヤクザ者、同心、罪人……それを取り巻く女たち。そして店主にも暗い過去があった。実力派が描く、人情時代小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「炙り鮎 内藤新宿〈夜中屋〉酒肴帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • じーんとくる。流れ者たちが集う宿場町、内藤新宿に店を構える〈夜中屋〉を軸に繰り広げられる悲喜交々。ハードボイルドな丹吉や個性豊かな常連客、不思議な童女比奈。様々な人間がいる。様々な人生がある。様々な想 じーんとくる。流れ者たちが集う宿場町、内藤新宿に店を構える〈夜中屋〉を軸に繰り広げられる悲喜交々。ハードボイルドな丹吉や個性豊かな常連客、不思議な童女比奈。様々な人間がいる。様々な人生がある。様々な想いがある。それの少しの後押しをする。それは丹吉であったり、比奈であったり、松竹梅の三人であったりする。かつての過去と向き合って消えた丹吉。しかし、中心は内藤新宿にある。彼のいなくなっても内藤新宿は動き続ける。だが、帰ってきた彼にとっては正しく第二の故郷となっている。なんだか、それが嬉しくなった。 …続きを読む
    サケ太
    2019年07月26日
    20人がナイス!しています
  • (^^ (^^
    だいゆー
    2019年08月17日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品