世にもふしぎな化け猫騒動 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年07月16日
商品形態:
電子書籍

世にもふしぎな化け猫騒動

  • 訳・解説 今井 秀和
発売日:
2020年07月16日
商品形態:
電子書籍

しゃべって、踊って、人を食う! それでもやっぱり、猫はかわいい。

「寺の猫がしゃべった話」「猫に生まれ変わった父親の話」「『源氏物語』の猫の夢」「招き猫の起源の話」ほか、古代から江戸期まで、様々な作品に描かれてきた化け猫のお話を現代語訳で読む。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世にもふしぎな化け猫騒動」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 古代から江戸まで、喋る猫、人を襲う猫、化ける猫に猫又と猫尽くしな一冊。古代から江戸まで文献に記された猫に関する奇談怪談を集めていて、兎に角読んでいて楽しい。今昔物語は別として源氏物語や更級日記にも猫の 古代から江戸まで、喋る猫、人を襲う猫、化ける猫に猫又と猫尽くしな一冊。古代から江戸まで文献に記された猫に関する奇談怪談を集めていて、兎に角読んでいて楽しい。今昔物語は別として源氏物語や更級日記にも猫の奇談が記されているというのは嬉しい発見。ただ化け猫がその本領を発揮するのはやっぱり江戸時代に入ってから。妖怪「火車」から遊女をだます猫や猫を生んだ娘、主人の死体に乗り移り方記を打つ猫から鍋島の化け猫騒動まで、質量ともに豊富で夢中になって読む。原典や参考文献も豊富で、猫みたいに手元に置いて愛玩したい一冊でした。 …続きを読む
    HANA
    2020年10月22日
    35人がナイス!しています
  • 読了:◎ 日本の、古代・中世と江戸期の猫にまつわる不思議な話を記した文献をとり纏めた猫尽くしの一冊。怪談奇談が現代語訳で33編入っており、比率としてはやはり江戸期の怖い猫話が多い。丁寧な解説・訳註があ 読了:◎ 日本の、古代・中世と江戸期の猫にまつわる不思議な話を記した文献をとり纏めた猫尽くしの一冊。怪談奇談が現代語訳で33編入っており、比率としてはやはり江戸期の怖い猫話が多い。丁寧な解説・訳註があり、古典に馴染みのない人でも読みやすい。人間にとって猫とは身近にいる可愛いだけの存在ではなかったということがわかり興味深い。 …続きを読む
    ハルト
    2020年08月31日
    10人がナイス!しています
  • 古代から江戸期までの書物に登場する様々な化け猫の話を現代語訳し語注と解説をつけた本。愛されるにせよ憎まれるにせよ猫はいつでも人に近いところにいたんだなと思う。曲亭馬琴の『猫奴牝忠義合奏』面白い! 古代から江戸期までの書物に登場する様々な化け猫の話を現代語訳し語注と解説をつけた本。愛されるにせよ憎まれるにせよ猫はいつでも人に近いところにいたんだなと思う。曲亭馬琴の『猫奴牝忠義合奏』面白い!
    timeturner
    2020年08月03日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品