日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神4

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041083697

日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神4

  • 著者 相野 仁
  • イラスト 桑島 黎音
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041083697

この男の導きに、迷い無し!! ベアーテ皇女の外遊をバルがエスコート!?

帝国が誇る《八神輝(レーヴァテイン)》の一人・バルトロメウスは、強大な【魔界の民】の一角を退けた。
ギルドに赴き、エーファたち新人冒険者の成長を実感する一方で――さらなる魔界からの侵攻が予想される事態に、帝国は近隣諸国との同盟を画策する。
エルフの里へはベアーテ皇女の派遣が決まり、バルとヴィルヘミーナがその護衛に任命されるが……ベアーテの見聞を広める目的で、一行は庶民に扮し、道中の街をお忍び観光することに!?
「ありがとうバルトロメウス。一生の宝物になりそうよ」
鳥かごの皇女を思い遣る、ひとりの忠臣として。“戦神”が粋なエスコートと英断で導く、ベアーテ皇女外遊編!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日常ではさえないただのおっさん、本当は地上最強の戦神4」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★☆☆☆ エルフの里へと向かうことになったベアーテ皇女。その護衛に任命されたバルとミーナだが、自由奔放なベアーテ皇女に振り回されて、一緒に道中の街をお忍び観光するはめに...という感じで戦闘はほとん ★★☆☆☆ エルフの里へと向かうことになったベアーテ皇女。その護衛に任命されたバルとミーナだが、自由奔放なベアーテ皇女に振り回されて、一緒に道中の街をお忍び観光するはめに...という感じで戦闘はほとんどありません。あまり面白みのない日常がずっと続きます。特におそらく毎巻ある、バルが冒険者ギルドで女の子たちにひたすらヨイショされるだけの展開は読んでて苦痛。しかし他の《八神輝》の実力や、バルvsミーナの戦闘をほんのちょっとだけでも見られたのは良かった。でもホントにちょっとだけ。僕はもっと戦闘が見たいんじゃ! …続きを読む
    たけ
    2019年10月05日
    30人がナイス!しています
  • 次回の戦いの布石の巻だった。普段のおっさんの生活が中々にリア充である事がよく分かったwモッコリの無い真面目な冴羽亮と改めようと思う。アレ?キャラとしてツマラナイ? まぁその分、エルフの彼女の「犬では無 次回の戦いの布石の巻だった。普段のおっさんの生活が中々にリア充である事がよく分かったwモッコリの無い真面目な冴羽亮と改めようと思う。アレ?キャラとしてツマラナイ? まぁその分、エルフの彼女の「犬では無い忠犬だ」は笑わせてもらったがそれだけだけだったとも言える。 次の巻に期待。 …続きを読む
    柏バカ一代
    2020年03月15日
    23人がナイス!しています
  • ★★ 前巻の時も言っていたが今作は巻数を重ねる毎にどんどん完成度が落ちていく印象。今巻に至っては一つ一つの文章を短く改行するためにほとんどのページの下半分が空白になっている…話の内容も俺TUEEEEも ★★ 前巻の時も言っていたが今作は巻数を重ねる毎にどんどん完成度が落ちていく印象。今巻に至っては一つ一つの文章を短く改行するためにほとんどのページの下半分が空白になっている…話の内容も俺TUEEEEものであるはずが今巻は戦闘シーンすらなく…だらだらと同じようなやり取りを見せられ続けてそのまま話が終わってしまった。ヴィルへミーナがかなり好みなキャラクターなのでもう少し追い続けると思うが流石にもう少し中身の濃い話を読みたいな〜 …続きを読む
    まっさん
    2019年10月04日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品