試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041082867

007 逆襲のトリガー

  • 著者 アンソニー・ホロヴィッツ
  • 翻訳 駒月 雅子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041082867

『カササギ殺人事件』著者が描く、フレミング財団公認のジェームズ・ボンド

ゴールドフィンガー事件の後、ボンドは任務先でロケット開発に対するソ連の妨害行為を察知。スメルシュと接触する韓国人実業家のシンに目をつけ、米国の記者と名乗る美女・ジェパディと共に調査を開始する。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「007 逆襲のトリガー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私が今回感心したのは物語の舞台を現代ではなく、過去、つまりイアン・フレミングが現役で新作を紡いでいた時代、1950年代に設定しているところだ。それが007シリーズならではの雰囲気を演出しており、私個人 私が今回感心したのは物語の舞台を現代ではなく、過去、つまりイアン・フレミングが現役で新作を紡いでいた時代、1950年代に設定しているところだ。それが007シリーズならではの雰囲気を演出しており、私個人的には映画の世界に一気に引き込まれるような錯覚を抱いて、物語世界に没入できた。そしてホロヴィッツは本当に器用な作家だと今回も痛感した。時代設定を敢えてシリーズがリアルに執筆されてきた年代にすることでシリーズ特有の雰囲気を味わえるし、また正典のキャラクターやエピソードもふんだんに盛り込まれ、地続き感が味わえた。 …続きを読む
    Tetchy
    2020年09月09日
    128人がナイス!しています
  • 『カササギ殺人事件』の穏やかなストーリー運びとは全く対照的なスリリングなスパイ活劇。いやぁ、ホロヴィッツの多彩さには驚かされる。ジェフリー・ディーヴァー版の007の時にも思ったけど、とにかくボンドのド 『カササギ殺人事件』の穏やかなストーリー運びとは全く対照的なスリリングなスパイ活劇。いやぁ、ホロヴィッツの多彩さには驚かされる。ジェフリー・ディーヴァー版の007の時にも思ったけど、とにかくボンドのドライビングテクニックがF1レーサー並み。そして、息つく暇もなく次々と襲ってくる絶体絶命のピンチ。仲間に助けられ、運に助けられ、何度も挫けそうになりながら、けっして無敵の強さで切り抜ける訳じゃないってところが、いつものボンドと違って新鮮。ボンドガールもいい働きしてる! …続きを読む
    future4227
    2019年10月05日
    47人がナイス!しています
  • 007の小説版は初めて読むのでオリジナルがどんな感じなのかわからないけど、今作はボンドの心の声がダダ漏れで、ちょっとコミカルで面白かった。舞台となる時代背景も戦争の気配がまだまだ色濃い1950年代。し 007の小説版は初めて読むのでオリジナルがどんな感じなのかわからないけど、今作はボンドの心の声がダダ漏れで、ちょっとコミカルで面白かった。舞台となる時代背景も戦争の気配がまだまだ色濃い1950年代。しかも米ソの対立が軸になっているとくれば、面白くないわけがない。後半の畳み掛けるようなピンチをボンドが身体ひとつで切り抜けていくのが爽快。ホロヴィッツ氏の圧巻の筆致に酔いしれた。 …続きを読む
    yoshimi
    2020年06月30日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品