死にゆく騎士と、ただしい世界の壊しかた

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784042560968

死にゆく騎士と、ただしい世界の壊しかた

  • 著者 涼暮 皐
  • イラスト 雫綺一生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784042560968

この腐った世界を壊すために、俺は少女を騙すことにした。

救世の騎士、ラミ・シーカヴィルタ。最愛の女性を目の前で喪い、彼女の命と引き替えに生き延びて「しまった」男。
かつて共に世界を救った少女・エイネと同じ「神子」の資格を持つキトリー・シリーと出会った彼は、神子でありながらその力を発揮出来ないキトリーの師匠として、再び彼女と旅に出る。
常に明るく、世界を救うことを信じて疑わないキトリーを、時に優しく、時に厳しく、先輩として導くラミ。
しかし、ラミは知っている。真に世界を救うには――キトリーの為す「救星」をこの手で阻止せねばならないことを。

これは、一人の死に損ないが、真に英雄となるための物語。

メディアミックス情報

NEWS

「死にゆく騎士と、ただしい世界の壊しかた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 最愛の女性を目の前で喪い、彼女の命と引き替えに生き延びて「しまった」救世の騎士ラミ。エイネと同じ「神子」の資格を持つキトリーと出会った彼が、師匠として再び彼女と旅に出るもうひとつの物語。常に明るく世界 最愛の女性を目の前で喪い、彼女の命と引き替えに生き延びて「しまった」救世の騎士ラミ。エイネと同じ「神子」の資格を持つキトリーと出会った彼が、師匠として再び彼女と旅に出るもうひとつの物語。常に明るく世界を救うことを信じて疑わない天真爛漫なキトリーと、時には優しく厳しく先輩として導くラミ。短い間にも育まれてゆく彼らの絆があって、救星の真実を知ってしまったがゆえにどうするべきか葛藤し続けるラミがいて。だからこそ希望を信じ続けるキトリーや彼らに向き合ってくれる存在と、彼らが迎えた結末には救いがあったと思いました。 …続きを読む
    よっち
    2019年02月15日
    31人がナイス!しています
  • 世界の秘密を知り最愛の神子を失った騎士が、新たな神子を弟子にして鍛える話。この本と「滅びゆく世界と、間違えた彼女の救いかた」は二冊同時発売で、どちらを先に読んでも楽しめるよう仕掛けがされている。なるほ 世界の秘密を知り最愛の神子を失った騎士が、新たな神子を弟子にして鍛える話。この本と「滅びゆく世界と、間違えた彼女の救いかた」は二冊同時発売で、どちらを先に読んでも楽しめるよう仕掛けがされている。なるほどこういう仕掛けかー。滅びゆく~の方はストーリーの完成度(一冊の満足度)が高い感じのラストを迎えたのに対し、こちらの死にゆく~のほうは、なんの解決もしていないものの「俺たちの戦いはこれからだ」的、ある意味希望に満ちたラスト。どうやらサーガの序章といった位置づけらしい。きっと続編が出るのだろう。 …続きを読む
    ハイちん
    2019年02月20日
    10人がナイス!しています
  • エイネとの旅を終えたラミと、未熟な神子の物語。読み味としても話の流れとしても、こちらを先に読むべきだったなぁと。キトリーはイラストと矛盾点があって「おいおいどこが露出控えめか」と思いましたが。とても良 エイネとの旅を終えたラミと、未熟な神子の物語。読み味としても話の流れとしても、こちらを先に読むべきだったなぁと。キトリーはイラストと矛盾点があって「おいおいどこが露出控えめか」と思いましたが。とても良い子。アウリの初登場シーンは「滅びゆく~」からは想像できない感じでしたし。まあここまでの流れからはそりゃそうなるか。キトリーとラミの今後の道行きがとても気になる完成された綺麗な物語でした。続き出ないのかな。設定めちゃくちゃ好きなんだけど。けど話がほぼほぼ進んでないよね?めっちゃ読みたい。 …続きを読む
    ユウ@八戸
    2019年07月02日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品