貞子 角川つばさ文庫版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784046319005

貞子 角川つばさ文庫版

  • 文 山室 有紀子
  • 絵 あきづき りょう
  • 原作 鈴木 光司
  • 映画脚本 杉原 憲明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784046319005

2019年5月映画公開! 撮ったら……呪われる。

東京の病院で臨床心理士として働く茉優は、24歳。
ある日、その病院に少女がはこびこまれてきた。
ひとことも話さない彼女には、
どうやら、恐ろしい過去があるらしく……。
さらに、茉優のたった一人の家族である、弟の和真は、
インターネットに謎の動画を投稿したあと、
とつぜん姿を消してしまう。
どうやら、その「動画」から
恐ろしい呪いが広まっていたようで――
ついに、茉優にも危険がせまってきた!!!

【撮ったら、死ぬ―――。】
話題映画のノベライズが、角川つばさ文庫に登場!

※映画とは、一部内容が異なります。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「貞子 角川つばさ文庫版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画鑑賞済み。 表紙と挿絵可愛らしい感じだった。 物語は映画とだいたい同じで、ほぼファンタスティックカズマが悪い。落ちもそのままだったので原作に忠実という点では良いんだけれど、もうちょっとこう、何の落 映画鑑賞済み。 表紙と挿絵可愛らしい感じだった。 物語は映画とだいたい同じで、ほぼファンタスティックカズマが悪い。落ちもそのままだったので原作に忠実という点では良いんだけれど、もうちょっとこう、何の落ち度もない主人公には救いのある終わり方にして欲しかった。 …続きを読む
    しまふくろう
    2019年08月11日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品