夢幻の街 歌舞伎町ホストクラブの50年

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041080238

夢幻の街 歌舞伎町ホストクラブの50年

  • 著者 石井 光太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041080238

新宿歌舞伎町ホストクラブの半世紀。「夜の街」の真実を描く!

「どうせ社会の側の人たちが僕らに理解を示してくれることなんてないでしょう」
これは、生きる場所を求めて歌舞伎町に集まった若者たちの、泡のように淡い夢と重い現実の物語である。

新型コロナの震源地と呼ばれた「夜の街」とは? 新宿歌舞伎町という虚構と真実の入り混じる街で、ホストたちはどんな半世紀をたどってきたのか。ホストブーム、浄化作戦、東日本大震災、愛田武の死、そして新型コロナ……激動の街を描くノンフィクション。

【目次】
プロローグ  男たちの漂流
第一章 「愛」の時代
      愛本店
      朱美とニュー愛
      暴力団との癒着
      バブル崩壊
第二章 ロストジェネレーション
      男の園
      トップダンディー
      ロマンス
第三章 革命
      ロマンス黎明期
      記録の男
      広告革命
      ホストの女
      芸能人
第四章 ホストブーム
      第一波
      客層の変化
      第二の波
      仁義なき戦い
第五章 歌舞伎町浄化作戦
      都知事
      協力会結成
      栄枯盛衰
第六章 寵児
      グループ戦略
      イケメン戦略
      滅亡
第七章 落城
      レジェンド
      お家騒動
      愛の買収
      巨星墜つ
エピローグ  新型コロナの震源地と呼ばれて

メディアミックス情報

NEWS

「夢幻の街 歌舞伎町ホストクラブの50年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 知っているようで全く知らないホストの世界。石井さんの作品だけにここまで書くかと言うくらいの内容でした。ホストクラブと言えば愛田社長のクラブ愛。ホストクラブの歴史は、まさに愛田社長が軸となって語られる。 知っているようで全く知らないホストの世界。石井さんの作品だけにここまで書くかと言うくらいの内容でした。ホストクラブと言えば愛田社長のクラブ愛。ホストクラブの歴史は、まさに愛田社長が軸となって語られる。どんな業界でも創世記には闇の歴史があるように、ホストの世界にも黒歴史があります。簡単に黒と言っていいのかは疑問ですが、前半と後半では、世界が一変したかのようでした。 …続きを読む
    fwhd8325
    2020年12月29日
    60人がナイス!しています
  • 作者の著書は過去に「鬼畜の家」わが子を殺す親たち、「43回の殺意」川崎中1男子生徒殺害事件の深層等を読んでいます。非常に丁寧に取材された上で書かれている方という印象。この作品は自分には全く縁のないホス 作者の著書は過去に「鬼畜の家」わが子を殺す親たち、「43回の殺意」川崎中1男子生徒殺害事件の深層等を読んでいます。非常に丁寧に取材された上で書かれている方という印象。この作品は自分には全く縁のないホスト業界でしたが、歴史や成功・失敗、業界の闇、読み応えのある内容でした。 …続きを読む
    ma-bo
    2020年11月06日
    55人がナイス!しています
  • 先日新宿区長が歌舞伎町の風評被害を挽回すべくホストクラブのオーナー達と協力していく記事を読んだ。苦境に立たされてたホスト達の現状、悪のイメージが強かったがそこには偏見もあった。今までメディアに登場する 先日新宿区長が歌舞伎町の風評被害を挽回すべくホストクラブのオーナー達と協力していく記事を読んだ。苦境に立たされてたホスト達の現状、悪のイメージが強かったがそこには偏見もあった。今までメディアに登場するホストからしかこの業界を垣間見ることがなかったので激動の歴史を興味深く読む。石井氏の丁寧な取材と客観的な視点から綴られる彼らは一般社会からはじかれつつも居場所を求め懸命に生きている。法に触れる者もいるがここでしか働けない者もいる。フィルターを外して見ることが大切だと改めて思う。 …続きを読む
    さぜん
    2020年11月21日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:石井光太

石井光太

1977年東京都生まれ。国内外を舞台にしたノンフィクションを中心に、児童書、小説など幅広く執筆活動を行っている。著書に『絶対貧困 世界リアル貧困学講義』『遺体 震災、津波の果てに』『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』『浮浪児1945- 戦争が生んだ子供たち』『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』など多数。

最近チェックした商品