寄席わらしの晩ごはん

寄席わらしの晩ごはん 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年03月15日
商品形態:
電子書籍

寄席わらしの晩ごはん

  • 著者 名取 佐和子
  • イラスト 雀葵蘭
発売日:
2019年03月15日
商品形態:
電子書籍

寄席わらし・フクちゃんを巡る、人情深く温かい寄席ごはん奮闘記。

とある下町の寄席・八百万亭は、不思議な現象のせいで「おばけ寄席」と評判。そこへ腹を空かせた青年が偶然訪れる。彼はその現象を引き起こす寄席わらし・フクちゃんのご飯係「特座」となるが……!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「寄席わらしの晩ごはん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 寄席わらしのフクちゃんが喜んでくれる晩ごはんを♪悩んでる人や困ってる人が元気になるようなごはんたちばかりでじんわりと心も温かくなりました。フクちゃんの大好きなカレーライス食べてみたいな。考えたことなか 寄席わらしのフクちゃんが喜んでくれる晩ごはんを♪悩んでる人や困ってる人が元気になるようなごはんたちばかりでじんわりと心も温かくなりました。フクちゃんの大好きなカレーライス食べてみたいな。考えたことなかったけど福神漬けって作れるじゃん!今度やってみたいです。朝露さんは性格キツくて初めへこみそうになったけど、優しかった。ムチ多めでほんのちょっと飴。ご飯にも落語を絡ませてて、落語のこと知ってたらもっと楽しめたかも。でもフクちゃんがとにかく可愛くて癒されました。 …続きを読む
    野のこ
    2019年06月28日
    59人がナイス!しています
  • 座敷わらしならぬ寄席わらしのフクちゃん(推定年齢5才)が棲み付く「八百万亭」。そこの主人にフクちゃんが見えるというだけで雇われた主人公の「僕」は、興味は無かったものの「晴坊」と命名され落語の世界に足を 座敷わらしならぬ寄席わらしのフクちゃん(推定年齢5才)が棲み付く「八百万亭」。そこの主人にフクちゃんが見えるというだけで雇われた主人公の「僕」は、興味は無かったものの「晴坊」と命名され落語の世界に足を踏み入れる···。晴坊の仕事の大半はフクちゃんにご飯を提供することですが、最後には非常事態ながら高座に上がります。その直前、「どんな者にも居場所がある」と説く大師匠の言葉が印象的でグッと来ました。フクちゃんは存在に気付いてほしくて悪戯もしますが、晴坊には懐いていて仔犬のよう。片言のしゃべり方も可愛いですね。 …続きを読む
    ポップノア
    2019年03月30日
    58人がナイス!しています
  • フクちゃん可愛い〜❢名取先生がわらしもの作品を⁉と、とても楽しみにしていた物語です。とても楽しかったです。しかも、さすが名取佐和子さん。きちんと切なくて胸がキュンとなりました。こちら、是非とも続きが読 フクちゃん可愛い〜❢名取先生がわらしもの作品を⁉と、とても楽しみにしていた物語です。とても楽しかったです。しかも、さすが名取佐和子さん。きちんと切なくて胸がキュンとなりました。こちら、是非とも続きが読みたく思いますぅ❢落語を聴きたくなる、寄席に行きたくなる、わらしに会いたくなる、人の情けが胸に来る、そんな物語がシリーズ化してくれたら嬉しいなぁ。あとがきが私の感想だったのでこれまたビックリして嬉しかったです。「金曜堂」も素敵な本屋さんでしたけど、「八百万亭」の物語をもっと読ませてください〜💕←熱烈希望❢ …続きを読む
    ちゃかちん【積読:41】
    2019年04月06日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品