モンスターハンター:ワールド オトモダチ調査団

モンスターハンター:ワールド オトモダチ調査団 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年12月15日
商品形態:
電子書籍

モンスターハンター:ワールド オトモダチ調査団

  • 作 相坂 ゆうひ
  • 絵 貞松 龍壱
発売日:
2018年12月15日
商品形態:
電子書籍

新大陸で始まる、新たな物語!

古龍を追って、「新大陸古龍調査団」5期団として新大陸にやってきたオトモアイルーのカナトとハンターのニコは、大型モンスターに挑んでいく!! 「モンスターハンター:ワールド」が角川つばさ文庫に登場!!【小学上級から ★★★】


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「モンスターハンター:ワールド オトモダチ調査団」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オトモアイルーが主人公という面白い視点。この作品の登場人物や別作者の「生命の大地に」を含めても一番成長してる主人公です。それだけに人間ハンターの駄目さが際立ちます。なにせ台詞がある人間ハンターは ・他 オトモアイルーが主人公という面白い視点。この作品の登場人物や別作者の「生命の大地に」を含めても一番成長してる主人公です。それだけに人間ハンターの駄目さが際立ちます。なにせ台詞がある人間ハンターは ・他人を利用する事しか考えてない寄生ハンター ・1つの事しか考えられない…といえば聞こえは良いが要するに自分の目的しか頭に無いニコ(主人公の相棒ハンター) の2人のみ。ネコの方がよっぽど賢いし周りに気を遣ってます。こんな人材ばかりならそりゃ調査団の調査も進まない訳だ…と妙に納得しました。カナト頑張れ! …続きを読む
    まるろ
    2019年10月21日
    0人がナイス!しています
  • つばさ文庫もついに新大陸上陸。1冊目の今回のメインモンスは蛮顎竜アンジャナフ。他にもクルルヤックやボルボロス、空の王者も出演しワクワクさせるには十分なキャスティング。五期団としてやってきた主人公のアイ つばさ文庫もついに新大陸上陸。1冊目の今回のメインモンスは蛮顎竜アンジャナフ。他にもクルルヤックやボルボロス、空の王者も出演しワクワクさせるには十分なキャスティング。五期団としてやってきた主人公のアイルー・カイトとそのハンター・ニコ。二人の関係性や狩猟に対する姿勢などが将来性を大いに期待させる心構えで彼らの成長を見るために是非2巻を刊行して頂きたいキャラ立ち具合だった。相変わらずゲームの魅力を備えたお話の書き方で満足の一冊。コトコトのことも鑑みて次はトビカガチかな。 …続きを読む
    真尋
    2018年12月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品