試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784041079355

月華国奇医伝 第二巻

  • 著者 ひむか 透留
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784041079355

「腹を切ります!」「出てけ!」 医術師・胡葉の欲と天才っぷりが大爆発!

月華国の王都で暮らすことになった医術師の娘・胡葉。数少ない胡葉の理解者でパトロン(?)の皇太子・景雲が、“味方につけておきたい”刑部侍郎の娘、芳琳の病名をあっさり診断してしまったまでは良かったのだが?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「月華国奇医伝 第二巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天才肌って、こんなもんでしょ?(笑)医師としては一流になれるのに、技術だけでない部分、人としての配慮やら他人の気持ちが思い図れない胡葉。父の心配を他所に、皇太子の景雲に見初められ、権謀術数の渦巻く政争 天才肌って、こんなもんでしょ?(笑)医師としては一流になれるのに、技術だけでない部分、人としての配慮やら他人の気持ちが思い図れない胡葉。父の心配を他所に、皇太子の景雲に見初められ、権謀術数の渦巻く政争に巻き込まれるのかな?刑部省の役人の娘、芳琳の虫垂炎の手術のための麻酔の薬を手に入れるまでが描かれます。が、これにも皇太子をめぐる政争や貿易戦略、果ては宗教抗争にまで発展します。最初は、薬屋のひとりごと風な展開と思いきや、それなりの独自性が見えてくる、うん、面白い! …続きを読む
    まろんぱぱ♪ 
    2020年08月10日
    40人がナイス!しています
  • お、面白い…!薬屋のひとりごと、のような感じ。こういう、医師(薬師)×皇太子の話好きだー…。性格に難ありの主人公が良い!皇太子の背中を蹴り上り、堂々と盗みに入るのが最高。次巻いよいよ切開手術。 お、面白い…!薬屋のひとりごと、のような感じ。こういう、医師(薬師)×皇太子の話好きだー…。性格に難ありの主人公が良い!皇太子の背中を蹴り上り、堂々と盗みに入るのが最高。次巻いよいよ切開手術。
    はな
    2020年07月23日
    29人がナイス!しています
  • 胡葉には医術師として致命的な欠陥があると父は言う。確かにちょっと感覚がおかしい。もっと深い意味があるのかな。いつか大きな事故に繋がらなければいいけど…今回のような景雲が皇太子の地位を掛けの対象にするよ 胡葉には医術師として致命的な欠陥があると父は言う。確かにちょっと感覚がおかしい。もっと深い意味があるのかな。いつか大きな事故に繋がらなければいいけど…今回のような景雲が皇太子の地位を掛けの対象にするような時は特に。 …続きを読む
    ako
    2019年03月25日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品