まどわされない思考 非論理的な社会を批判的思考で生き抜くために The Irrational Ape

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
464
ISBN:
9784041078433

まどわされない思考 非論理的な社会を批判的思考で生き抜くために The Irrational Ape

  • 著者 デヴィッド・ロバート・グライムス
  • 訳者 長谷川 圭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
464
ISBN:
9784041078433

世界がクリアに見えてくる22章。2019年アイルランドベストセラー

人間を他の動物と分けるものは、「思考力」だ。何が正しく、何が嘘かを見抜き、判断を下す。──はずなのだが、実際は人間は情報を読み間違い、だまされ、偏見や無知によって、誤った判断を下しがちだ。
なぜこのようなことが起こるのか?
物理学者でガン研究者、科学ジャーナリストとして、あらゆる種類の間違った判断を見てきた著者が、旧ソ連から中国、アメリカ、オーストラリア、イギリス、アフリカなど全世界の実例を挙げながら、まどわされずに思考するために何に気をつければいいのかを説く。
読むうちに、頭がクリアになり、世界がくっきり見えてくる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

はじめに
序章 不条理と残虐行為

第一部 理性の欠如
第一章 あやしげな主張
第二章 暴かれた不条理
第三章 うまくつながらない――ノン・セクイトゥール

第二部 単純な真実?
第四章 細部に宿る悪魔
第五章 火のない煙
第六章 本質という妄想
第七章 おとり戦略

第三部 思考に潜む罠
第八章 生きているビン・ラディンと死んでいるビン・ラディン
第九章 記憶
第一〇章 心に浮かぶ短剣
第一一章 大いなる期待

第四部 嘘、大嘘、そして統計
第一二章 偶然と確率
第一三章 相関と因果
第一四章 大きさの問題

第五部 世界のニュース
第一五章 バランスのひずみ
第一六章 エコーチャンバーで生まれる物語
第一七章 怒りのからくり
第一八章 悪のインフルエンサー

第六部 暗闇に立つろうそく
第一九章 科学と疑似科学
第二〇章 カーゴ・カルトの出現
第二一章 健全な疑い方
終わりに

メディアミックス情報

NEWS

「まどわされない思考 非論理的な社会を批判的思考で生き抜くために The Irrational Ape」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • インターネットの発達した現代は情報に満ちている。そんな中、自分に都合の良い情報だけを信じる=「チェリーピッキング」をしがちであることが述べられる。数字のマジックにも注意が必要。99.99%の精度のHI インターネットの発達した現代は情報に満ちている。そんな中、自分に都合の良い情報だけを信じる=「チェリーピッキング」をしがちであることが述べられる。数字のマジックにも注意が必要。99.99%の精度のHIV検査について、陽性結果が出た場合、検査を受ける集団により、真に感染している可能性か変わる「ベイズの定理」は勉強になった。トランプが大統領になった時の誤った情報操作や HPVワクチンを巡る声の大きい集団によるワクチン中止の害など具体的な例を挙げた分析も興味深い。日本人著書にはない視点で論理的に書かれた良書!! …続きを読む
    けぴ
    2021年07月15日
    47人がナイス!しています
  • 結論としてまとめると、現在、高度情報化社会の中で、どのメディアが正しいのかを情報戦争せざる得ないのであろう。 どれが本当なのか、どれがデマなのか、どれが正しいのかで情報を鵜呑みして、左右に振り回される 結論としてまとめると、現在、高度情報化社会の中で、どのメディアが正しいのかを情報戦争せざる得ないのであろう。 どれが本当なのか、どれがデマなのか、どれが正しいのかで情報を鵜呑みして、左右に振り回されると疲れるのであろう。 なので、自分なりには何が正しいのかを上手いこと情報収集し、中立的な思考を持ち、判断することが重要である。 …続きを読む
    Moca
    2021年09月24日
    22人がナイス!しています
  • カトリック教では、プロテスタントより信仰度が高いけれども、そんな聖なる宗教の中で悪が存在しており、規律が厳しい信仰度の高いカトリック教信者の中に聖なるものを穢している者も存在しているのだ。 宗教を信仰 カトリック教では、プロテスタントより信仰度が高いけれども、そんな聖なる宗教の中で悪が存在しており、規律が厳しい信仰度の高いカトリック教信者の中に聖なるものを穢している者も存在しているのだ。 宗教を信仰するには、その信仰している宗教の常識を疑い、穢れることのない聖なる宗教を信仰する必要がある。 これはおかしいなぁと思ったら、ひとまず立ち止まり、これをやってもいいのかなぁと疑問を持つことが必要だ。 …続きを読む
    Moca
    2021年09月17日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品