海でギリギリ生き残ったらこうなりました。 進化のふしぎがいっぱい!海のいきもの図鑑

海でギリギリ生き残ったらこうなりました。 進化のふしぎがいっぱい!海のいきもの図鑑 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年12月13日
商品形態:
電子書籍

海でギリギリ生き残ったらこうなりました。 進化のふしぎがいっぱい!海のいきもの図鑑

  • 著者 鈴木 香里武
発売日:
2018年12月13日
商品形態:
電子書籍

あれもこれも、ぜーんぶ、生きるための作戦なのだ!

・ウミヘビになっちゃうタコ
・あたまに透明なコックピットをのせている魚
・チアガールみたいなカニ etc...

ヒトから見ると、
「なんでこんなカタチになっちゃったの?」
「なんでこんな生きかたしてるの?」
と不思議に思う、愛すべき海の仲間たちの生態を紹介。

彼らが海という過酷な世界で生き残るための作戦は、
このせちがらいヒトの世界で生きる参考にもなります。

子どもから大人まで楽しめて、
次の週末に必ず水族館に行きたくなる!

進化のふしぎ&絶滅一歩手前のギリギリワールド!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「海でギリギリ生き残ったらこうなりました。 進化のふしぎがいっぱい!海のいきもの図鑑」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 海には不思議な進化を遂げた魚がたくさんいるのは、生き物方面に疎い僕でも知っています。中でも“カエルアンコウ”に心を奪われています。彼らはろくに泳ぎも出来ず、足のように発達したヒレで海底を歩き回っている 海には不思議な進化を遂げた魚がたくさんいるのは、生き物方面に疎い僕でも知っています。中でも“カエルアンコウ”に心を奪われています。彼らはろくに泳ぎも出来ず、足のように発達したヒレで海底を歩き回っている一方で、おでこから釣糸のようなものを垂らして餌をおびき寄せるのだ!加えて何とも可愛いそのフォルム…。はっ!?ついつい、カエルアンコウの説明に熱くなってしまいましたが、それと負けずとも劣らない海の仲間たちがたくさん紹介されています! …続きを読む
    ツバメマン
    2020年05月06日
    18人がナイス!しています
  • 同時期に『喰ったらヤバいいきもの』を読んでいたので、ここで一人5切れ以上食べたら駄目だとされているバラムツを、20切れ食べちゃったんだな…とか、リンクして楽しみました。やっぱり深海生物はユニークだな。 同時期に『喰ったらヤバいいきもの』を読んでいたので、ここで一人5切れ以上食べたら駄目だとされているバラムツを、20切れ食べちゃったんだな…とか、リンクして楽しみました。やっぱり深海生物はユニークだな。ワヌケフウリュウウオが可愛かったです。 …続きを読む
    プンヴァ
    2019年09月08日
    12人がナイス!しています
  • ウミガメ・・・29℃より高いとメス、低いとオス。 ニモ・・・クラウン・アネモネフィッシュ(カクレクマノミではない) ブリの卵・・・モジャッコ (ブリコ・・・ハタハタの卵) 日本のサザエの学名・・・『T ウミガメ・・・29℃より高いとメス、低いとオス。 ニモ・・・クラウン・アネモネフィッシュ(カクレクマノミではない) ブリの卵・・・モジャッコ (ブリコ・・・ハタハタの卵) 日本のサザエの学名・・・『Turbo sazae Fukuda,2017』(岡山大学、福田宏) …続きを読む
    クサバナリスト
    2020年02月22日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品