わが家に心地よい おうち効率

小さい子が2人いても、勝手に家事が減るしくみ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784046041203
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

わが家に心地よい おうち効率

小さい子が2人いても、勝手に家事が減るしくみ

  • 著者 mayu
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784046041203

小さい子が2人いても、勝手に家事が減るしくみ

年長、年少2人の男の子を育てながら、看護師として働く著者が、子育てと家事のバランスに悩みながらも、大切にしたいことに、ひとつひとつ優先順位をつけながら積み上げた、私も家族も笑顔になれる「おうち効率」のみつけかたと、効率をあげるためのしくみづくり。  

平日の朝は7:30に出勤。16:00頃に帰宅後、20:30に子どもを寝かしつけるまで、息つく間もない日々。「長男が育てにくい子どもだからこそ、一番大切にしたいのは、子どもと向き合う時間。でも私自身が笑顔でいることも大切。家事はムリせず、回せる方法を考えればいい」。限られた時間の中で優先順位をつけ、短い時間でも子どもが満足するように向き合う「愛情貯金」や、掃除や洗濯の手間が減る動線の工夫や、便利なグッズなど、「おうち効率」をあげるためのしくみづくりを紹介する。

自分らしい家事・育児の優先順位のつけかたや、上手な手の抜きかた、
おうち効率をあげるしくみづくりが参考になる!

しくみ例:
□朝は夫婦で子ども1人ずつのお世話を分担
□登園準備は前夜に子ども自身で
□掃除機がけは洗面所だけ
□夜ごはんは同じ具材で2日回す
□洗濯物はダイニングに干して最短動線

もくじ:
1章 わが家のおうち効率ができあがるまで
2章 おうち効率をあげる「すっきりインテリア」
3章 おうち効率をあげる「日々の回しかた」
4章 おうち効率をあげる「動線の工夫」

トピックス

この著者の商品

最近チェックした商品