五条雪彦の新説な美術史 諸説あります。

五条雪彦の新説な美術史 諸説あります。 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年01月15日
商品形態:
電子書籍

五条雪彦の新説な美術史 諸説あります。

  • 著者 眞村 六郎
  • イラスト 双葉 はづき
発売日:
2019年01月15日
商品形態:
電子書籍

その謎を解く鍵は名画にあり――。絵画と日常をつなぐ新解釈美術ミステリ!

誰もが振り返る美貌を持ちながら、ニコリとも笑わない男――美術史准教授・五条雪彦。彼の助手となった心理学専攻の雨音は、畑違いの分野に苦戦中だ。しかも、頼れる彼のもとには絵画以外の謎も持ち込まれて――?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「五条雪彦の新説な美術史 諸説あります。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆ 美術に関して無知なので、有名な絵画の謎や歴史的背景が知れたり、雨音の専門である行動分析学からの指摘から雪彦が新たに見出した解釈が語られたりと興味深い。雨音のキャラが好きになれず、彼女の視点 ★★★☆☆ 美術に関して無知なので、有名な絵画の謎や歴史的背景が知れたり、雨音の専門である行動分析学からの指摘から雪彦が新たに見出した解釈が語られたりと興味深い。雨音のキャラが好きになれず、彼女の視点で語られているのを読んでいるとイライラしてしまうのが残念。 …続きを読む
    あゆみ
    2019年02月06日
    28人がナイス!しています
  •  世界的名画に潜む(かもしれない)謎を解く。ラノベレーベルらしい軽さもラブも含みつつ、結構冒険した構成が好印象でした。著者の次回作も読みたいな(^^)/  世界的名画に潜む(かもしれない)謎を解く。ラノベレーベルらしい軽さもラブも含みつつ、結構冒険した構成が好印象でした。著者の次回作も読みたいな(^^)/
    はるき
    2019年01月16日
    28人がナイス!しています
  • 西洋美術の名画(最後の晩餐や民衆を導く自由の女神など)の謎を解き明かしていく。しかも、登場人物の日常の事件とリンクさせて。これは頭が良い人じゃないと書けない作品だと思った。最後の参考文献も普通の小説に 西洋美術の名画(最後の晩餐や民衆を導く自由の女神など)の謎を解き明かしていく。しかも、登場人物の日常の事件とリンクさせて。これは頭が良い人じゃないと書けない作品だと思った。最後の参考文献も普通の小説にしたら尋常じゃないぐらいの量で、この作品にかけた時間は凄い時間だと思った。ちゃんと名画の説明もあり、勉強できる。日常とリンクさせてどちらも解決させるのが凄かった!所々ちょいキュンポイントがあってそれも良かったです(笑) 読んだ後に西洋名画をもっと知りたくなる、考えたくなる作品です。 …続きを読む
    はづき
    2020年09月05日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品