角川つばさ文庫

ねことじいちゃん 映画版

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
200
ISBN:
9784046318619
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

ねことじいちゃん 映画版

  • 文 伊豆 平成
  • 原作・イラスト ねこまき(ミューズワーク)
  • 作 坪田 文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
200
ISBN:
9784046318619

ねことじいちゃんの心温まる映画が小説になったよ!

小さな島でくらす、大吉さんとねこのタマ。
ふたりは、今日も一緒に散歩にでかけます。
そう、ここは、じーちゃんとばーちゃんと猫の町。
春には満開の桜をながめ、夏はみんなでクリームソーダ。
おいしいご飯たっぷりの秋に、コタツであったまる冬。
島にめぐる四季は、とても愛しくて豊かな時間。
でも、ある日、昔からの友だちの一人が、
体調をくずしてしまいます。
大吉さんは、自分とタマに突然のお別れが
来てしまわないか、ちょっぴり心配になって…。
ずっと一緒に生きていく、一人と一匹のお話。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ねことじいちゃん 映画版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 映画は観たので復習と言う感じ、当たり前だが映画のノベライズなのでそのもの、映画の場面にあった挿絵もタマさん役ベーコンの写真も可愛かった。 映画は観たので復習と言う感じ、当たり前だが映画のノベライズなのでそのもの、映画の場面にあった挿絵もタマさん役ベーコンの写真も可愛かった。
    みかん🍊
    2019年04月22日
    76人がナイス!しています
  • 原作コミックからの挿絵付きでノベライズ 映画を観て疑問だったところが解けたり、逆にそうだったっけ?と気になったり 2019刊 原作コミックからの挿絵付きでノベライズ 映画を観て疑問だったところが解けたり、逆にそうだったっけ?と気になったり 2019刊
    ochatomo
    2019年03月14日
    15人がナイス!しています
  • 24。ねこまきさんの同名マンガが実写映画化されることになってしかも監督は岩合さんと聞いて、これは行かねば!と意気込んでいたのに地元での上映がなくて淋しかったのでノベライズを買ってみた(長い(笑))コミ 24。ねこまきさんの同名マンガが実写映画化されることになってしかも監督は岩合さんと聞いて、これは行かねば!と意気込んでいたのに地元での上映がなくて淋しかったのでノベライズを買ってみた(長い(笑))コミックでのまったりとした雰囲気は、ノベライズではなかなか出しきれないなというのが正直なところですかね。挿し絵は原作の中のコマ絵を持ってきているようで、お話も原作に添ったものなので可愛いのだけれど、やはり少しの物足りなさを感じてしまったかな。でも、じーちゃんとばーちゃんとねこの町はこっちでも優しさでいっぱいです。 …続きを読む
    sui
    2019年02月02日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品