バーチャル人狼ゲーム 今夜僕は君を吊る

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784049121612

バーチャル人狼ゲーム 今夜僕は君を吊る

  • 著者 土橋 真二郎
  • イラスト 望月 けい
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784049121612

狼は誰だ? 危険な心理ゲームがクラスメイトの本性を暴き出す!!

 学園祭の出し物としてバーチャル空間での演劇を行うことになった高坂直登と二年四組の生徒達。ところが仮想空間へログインした彼らを待ち受けていたのは、自分達を襲う獰猛な狼からの逃亡という不可解な演目の強要。さらにルールを無視した生徒の現実世界での死だった!
 この演目が「人狼ゲーム」をモチーフにしているといち早く見抜いた高坂。しかしそれは、クラスメイトを疑い、吊るし上げるという最悪の事態を示唆するものであり……。そんな中、自ら狼役であることを名乗り出す生徒が現れ!?
 虚構と現実の世界で繰り広げられる死と隣り合わせの人狼ゲーム。極限の騙し合いが、クラスメイトの本性を暴き出す!

メディアミックス情報

NEWS

「バーチャル人狼ゲーム 今夜僕は君を吊る」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 土橋さんの持ち味が発揮されてるな。学園祭の出し物としてバーチャル空間で演劇をする事となった主人公のクラスだったが彼らを待ち受けていたのはなんとも理不尽な生き残りゲームだった。人狼ゲームとVRを混ぜあわ 土橋さんの持ち味が発揮されてるな。学園祭の出し物としてバーチャル空間で演劇をする事となった主人公のクラスだったが彼らを待ち受けていたのはなんとも理不尽な生き残りゲームだった。人狼ゲームとVRを混ぜあわせ、現実と仮想という曖昧な物を上手い事混ぜ合わせたのは流石、土橋さんだなと思った。騙し合い、極限状態時になった時人としての本性があらわになる描写は毎度の事ながら好きだわ。この最後の二択は選びづらい選択でしかも救いがなさすぎる。 …続きを読む
    アウル
    2018年11月14日
    19人がナイス!しています
  • 2年4組のクラスの生徒が全員拐われ、閉じ込められた建物の中で、バーチャル空間での人狼ゲームを始めさせられる。人狼は誰か。現実とバーチャル空間を行き来する必要があるのか、終盤まで謎だったけれど、並べられ 2年4組のクラスの生徒が全員拐われ、閉じ込められた建物の中で、バーチャル空間での人狼ゲームを始めさせられる。人狼は誰か。現実とバーチャル空間を行き来する必要があるのか、終盤まで謎だったけれど、並べられた狼達の主張に戦慄が走った。人狼ゲームは終わらない。 …続きを読む
    陸抗
    2018年11月12日
    19人がナイス!しています
  • ―――誰が殺した、村人を。一皮剥いた下の顔は只人か、狼か。 訳も分からぬままに巻き込まれた死を強要するゲーム。始まりは一つの事件、そして仮想の世界で起きる惨劇の中で暴かれ晒されるのは、生徒の皮を被って ―――誰が殺した、村人を。一皮剥いた下の顔は只人か、狼か。 訳も分からぬままに巻き込まれた死を強要するゲーム。始まりは一つの事件、そして仮想の世界で起きる惨劇の中で暴かれ晒されるのは、生徒の皮を被っていた獣達の剥きだしの本性。仮想世界と現実、二つの世界の狼が人間関係に混沌を齎すこの物語。剝き出しのエゴと本性が生々しく、そのえぐみが幸福な結末などではなく、犠牲を伴う苦い後味を齎す物語であり、土橋先生の一つの持ち味が容赦なく叩きつけられる、殴られて張り倒されるような物語である。 夜は続く、再び、この先も。 …続きを読む
    真白優樹
    2018年11月10日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品