あおぞらとくもりぞら 1

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月25日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
168
ISBN:
9784049120592

関連作品有り

あおぞらとくもりぞら 1

  • 作画・ストーリー構成 loundraw
  • 原作 三秋 縋
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月25日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
168
ISBN:
9784049120592

loundraw×三秋縋による2,200,000PVのWeb発コミック

SNSで話題のコミック作品、1・2巻同時刊行!

死にたがりの少女が出会ったのは、他者の体を操作し自殺させる《掃除人》の青年。
彼はなぜか少女の《死に甲斐》を奪おうとするが、その思惑とは――。
少女にとって、どこまでも幸福で、どこまでも残酷な夏が始まる。

メディアミックス情報

NEWS

「あおぞらとくもりぞら 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いやーこの雰囲気、話の展開、好き。あおぞらとくもりぞら、二人の関係性がとても良い。いい漫画が買えた。これからどう話が展開していくのか、楽しみ。掃除人の青年にとって初めての試練というか、体験がこれからど いやーこの雰囲気、話の展開、好き。あおぞらとくもりぞら、二人の関係性がとても良い。いい漫画が買えた。これからどう話が展開していくのか、楽しみ。掃除人の青年にとって初めての試練というか、体験がこれからどう彼らの関係を変えていくのか、続きが気になる。話は淡々としているのだが、絶妙な話運びに、キャラの設定が活きているので、読み手にこの漫画の魅力を十分に伝えることができており、飽きない。絵が作品にマッチしている。とても良い読後感。次巻に期待。 …続きを読む
    レリナ
    2018年09月05日
    17人がナイス!しています
  • 三秋縋さんらしい話。派手さはないけれど、一文一文が心にささる。どこか哀しげで重たい感じの絵柄も、三秋さんの作品の雰囲気に合っている。欲を言えば、今の三秋さんの文章で読んでみたい。 三秋縋さんらしい話。派手さはないけれど、一文一文が心にささる。どこか哀しげで重たい感じの絵柄も、三秋さんの作品の雰囲気に合っている。欲を言えば、今の三秋さんの文章で読んでみたい。
    つん
    2019年02月27日
    10人がナイス!しています
  • 人を操り「自然な自殺」をさせるくもりぞら、生きる意味を見出せず死にたがるあおぞら。ふたりの感情がかすったり、でも深層心理で何を思うかは全くの謎であったり、ダークなお話だけれど、目が離せないワクワク感と 人を操り「自然な自殺」をさせるくもりぞら、生きる意味を見出せず死にたがるあおぞら。ふたりの感情がかすったり、でも深層心理で何を思うかは全くの謎であったり、ダークなお話だけれど、目が離せないワクワク感と、少し人が死を考えている話なのにワクワクしてしまう罪悪感、いえ背徳感が混じる先の楽しみな漫画でした。そしてloundrawさんの絵がやっぱり好き。 …続きを読む
    まつどの理系こうし(まりこ)
    2018年09月01日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品