キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦5

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784040728667

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦5

  • 著者 細音 啓
  • イラスト 猫鍋蒼
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784040728667

運命ではなく己の意志で選んだ唯一の敵――だから、失えない。

交換条件でシスベルの護衛を引き受け皇庁入りすることになったイスカ。真意を知らないアリスリーゼは、寄り添う二人を目撃してしまい、大いに心を乱される。一方、王宮では女王ミラベアを狙った暗殺事件が起き――

メディアミックス情報

NEWS

「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦5」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アリスの嫉妬の炎が燃え上がる第5巻。妹のシスベルがイスカ達を護衛に雇い、ネビュリス王宮まで同行することに。シスベルは、イスカを部下として迎え入れたいため、幼いながらも女の魅力で積極アプローチ。そんな様 アリスの嫉妬の炎が燃え上がる第5巻。妹のシスベルがイスカ達を護衛に雇い、ネビュリス王宮まで同行することに。シスベルは、イスカを部下として迎え入れたいため、幼いながらも女の魅力で積極アプローチ。そんな様子を見てしまったアリスが大爆発。そして気付く、最大の敵は帝国ではなくシスベルなのだと。でもイスカとの関係が秘密のため、イスカだけを呼び出して八つ当たりし、調査と称してシスベルと同じイチャコラをやって自爆したり、ポ、ポンコツだーー。女王暗殺事件が発生したり、ヒュドラ家の野望が明るみに出たりと、今巻も面白かった。 …続きを読む
    むっきゅー
    2018年08月18日
    35人がナイス!しています
  • 【電子】ミスミスの星紋を隠すシールと引き替えにシスベルの護衛を引き受けたイスカたちは、皇庁の第八州リーズバーデンに到達した。シスベル帰還の情報を得たアリスは彼の地へ向かうが、そこで目撃した寄り添う二人 【電子】ミスミスの星紋を隠すシールと引き替えにシスベルの護衛を引き受けたイスカたちは、皇庁の第八州リーズバーデンに到達した。シスベル帰還の情報を得たアリスは彼の地へ向かうが、そこで目撃した寄り添う二人の姿に心かき乱されて…。謀略渦巻くネビュリス王宮でクーデター事件が勃発し、ネビュリスの血脈を引く三家の確執が明らかになる今回でした。まさに内憂外患。ゾア家が不気味。そして長姉のイリーティアが何を企んでいるのか、とても気になりますね。次回はいよいよイスカを巡る三姉妹戦争勃発でしょうか?今後の展開が楽しみです。 …続きを読む
    芳樹
    2020年11月08日
    34人がナイス!しています
  • 交換条件でシスベル護衛を引き受け皇庁を目指することになったイスカ。真意を知らないアリスリーゼは寄り添う二人を目撃して大いに心を乱され、一方王宮では女王ミラベアを狙った暗殺事件が起きる第五弾。帝国人を護 交換条件でシスベル護衛を引き受け皇庁を目指することになったイスカ。真意を知らないアリスリーゼは寄り添う二人を目撃して大いに心を乱され、一方王宮では女王ミラベアを狙った暗殺事件が起きる第五弾。帝国人を護衛に雇うとかいうあるのかないのかよくわからない大義名分を得てイスカべったりのシスベルと、突然の強力過ぎるライバル出現に自覚もないまま感情を爆発させるアリスのポンコツっぷりが凄いですね(苦笑)三派閥や帝国の思惑も絡む中でまさかの長女参戦もありそうで、振り回されるイスカ(と仲間たち)の受難はまだまだ続きそうです。 …続きを読む
    よっち
    2018年08月19日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品