秘密をもてないわたし I Have No Secrets

秘密をもてないわたし I Have No Secrets 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年02月21日
商品形態:
電子書籍

秘密をもてないわたし I Have No Secrets

  • 著者 ペニー・ジョエルソン
  • 訳者 河井 直子
発売日:
2019年02月21日
商品形態:
電子書籍

「わたしは、殺人犯を知ってしまった」

ジェマ、14歳。重度の脳性まひで話せず、動けない。ところが殺人犯の告白を聞いてしまい、なんとか誰かに伝えようとする。勇気と感動のサスペンス。

メディアミックス情報

NEWS

「秘密をもてないわたし I Have No Secrets」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ミステリー要素強く、続きを早く知りたくてページをめくる手が止まらなかった!重度の脳性まひと四肢まひを抱え、意思表示が出来ない少女ジェマ。彼女はある日、介護人であるサラのボーイフレンドから殺人を犯したと ミステリー要素強く、続きを早く知りたくてページをめくる手が止まらなかった!重度の脳性まひと四肢まひを抱え、意思表示が出来ない少女ジェマ。彼女はある日、介護人であるサラのボーイフレンドから殺人を犯したという秘密を打ち明けられると共に、更なる危険を感じる。なんとかして伝えなければ!彼女の葛藤と苦悩に満ちた日々の重さに、そして勇気と希望に心震えます!!ジェマが里親である母と言葉を交わす場面では思わず涙がつたう。作者は今英国で注目の新人作家で、養護学校の教諭とのこと。良書!!多くの人に読んでもらいたい1冊です! …続きを読む
    chiaki
    2020年10月26日
    41人がナイス!しています
  • 重度脳性麻痺で[まばたき]すら困難な少女、ジェマの語りで話は進む。やり取り出来ないだけで家族の事も話の内容も勉強もジェマは理解している。秘密が漏れないと分かって皆が誰にも言えない話を打ち明けて来たり、 重度脳性麻痺で[まばたき]すら困難な少女、ジェマの語りで話は進む。やり取り出来ないだけで家族の事も話の内容も勉強もジェマは理解している。秘密が漏れないと分かって皆が誰にも言えない話を打ち明けて来たり、本性をさらけ出して来たり。そこで起こる殺人、行方不明、同じ里子の騒動、とミステリ要素もあり、盛りだくさん。ありとあらゆる要求が何一つ出来ない体なのに心は健常というもどかしさ。相手の立場に立つ事の難しさ…。児童書ならではの物語だった。 …続きを読む
    空猫
    2020年12月08日
    23人がナイス!しています
  • 知覚や知能に異常はないのに、身体は思うように動かせずコミュニケーションも出来ない障害を持つ主人公。口をきけないことで居ないものとして差別され、接する人間の真の姿をつねに間近に知ることとなる存在。なんと 知覚や知能に異常はないのに、身体は思うように動かせずコミュニケーションも出来ない障害を持つ主人公。口をきけないことで居ないものとして差別され、接する人間の真の姿をつねに間近に知ることとなる存在。なんとかして殺人の容疑者を訴えたいのにすべが無い。はらはらさせる展開と障害を持つ側のつらさが描かれている。作者はイギリスで養護学校の教諭をつとめている。 …続きを読む
    myon
    2020年06月02日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品